診療科・部門一覧

放射線部

概要

放射線部は画像検査や放射線治療に携わる部門です。医療技術に関する最新の知識を教育・学会・研修等で養いつつ、チーム医療の一員として信頼される人間性豊かな質の高い診療放射線技師が22名業務に携わっています。

医療技術・機器の進化は目覚ましく、業務内容は日進月歩で高度化され、業務量は著しく増加してきています。しかし、妥協の許されない放射線診療の提供を求められ、安全かつ高品質の診療を提供しなくてはなりません。業務内容としては、各種検査(一般撮影・CT・MRI・血管造影・RI検査)と手術支援のための三次元画像作成などの画像処理、読影補助、医療画像情報管理、医療被ばく管理など多岐にわたります。また、当院は地域がん診療連携支援病院の施設指定を受けていますので、がん治療に必要な外科的手術・化学療法・放射線治療の三本柱で対応しています。その一つの放射線治療部門を最新鋭の装置を導入して充実した専門スタッフが携わり、患者さんと家族の気持ちに寄り添い安心・安全な高精度放射線治療を行っています。

各種認定・専門資格取得

施設認定 マンモグラフィ検診施設画像認定
認定技師 第1種放射線取扱主任者
放射線管理士
医用画像情報管理士
医療情報技師
医療機器情報コミュニケータ(MDIC)
検診マンモグラフィ撮影技術認定技師
日本磁気共鳴専門技術者
X線CT認定技師
肺がんCT検診認定技師
放射線治療品質管理士
放射線治療専門放射線技師
血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師
救急撮影認定技師
Ai認定診療放射線技師
臨床実習指導教員
実習施設指導者
放射線被ばく相談員
放射線機器管理士

検査件数

(単位:件)

区分 2014年度 2015年度 2016年度
一般撮影検査部門 56,236 54,676 53,309
乳房撮影検査 2,054 2,456 2,384
骨塩定量検査 675 592 576
血管造影検査 951 826 795
CT検査 22,966 22,902 23,095
MRI検査 8,768 9,047 9,019
RI検査 410 400 415
放射線治療 (2015年3月~開始)4 105 100

施設紹介

一般撮影装置CRシステム

一般撮影装置CRシステム

微量なX線を体に当てて胸部・腹部・骨・関節などを検査します。迅速・簡便な検査であるため、第一段階の画像検査として行われます。当施設では1999年よりCRシステムが導入されており、人体を透過したX線がIPプレート(従来のフイルムの代わりになるもの)に到達し、ここで電気信号に変換してから画像化します。2008年度よりフイルムレス化に移行し、放射線科の専門医師がモニターでの診断を行っています。

X線乳房撮影

X線乳房撮影

専用のX線装置を用いて乳腺内の腫瘤や微細な石灰化を描出することができます。

撮影時は2枚の板で乳房を挟み、圧迫を加え基本左右2方向、合計4回撮影を行います。

圧迫することで①被ばく線量が少なくなる、②乳腺構造が分離して病変が見易くなる、③固定することで動きを押さえるという利点があります。

歯科用パントモX線撮影

歯科用パントモX線撮影

頭部の周りを装置が回転し、弯曲した顔面(上顎・下顎・鼻腔など)、歯、歯根を展開して画像にします。

また同装置では頭部X線規格撮影(セファロ)も撮影でき、これは矯正治療に用いられます。

X線透視撮影

X線透視撮影

X線テレビ装置はX線で体内を透視して動画にて目的部位を観察しながら撮影を行う装置です。

主に胃X線透視検査、胃腸透視検査、脊髄ミエロ撮影、骨折・脱臼整復の検査が行われています。

血管造影撮影

血管造影撮影

当血管造影室では、医師、看護師、放射線技師等が患者さんにとって安全で、苦痛が少ない良好な検査、治療が行われるように放射線機器の安全管理と放射線防護の最適化にも努め日々努力しております。

検査種としては2台の装置を用い、全身の血管の造影検査から脳神経外科施行の動脈瘤のコイル治療等の脳血管内治療、循環器内科施行による心臓カテーテル治療や不整脈治療法、消化器内科施行のTACE(肝臓がんに対する血管塞栓術)など様々な血管内治療が行われています。

X線CT

X線CT

CT(Computed Tomography)とは、体内照射し透過してきたX線の量を厳密に測定した値を元にコンピュータで計算し人体の断面の画像を得る検査です。わずかなX線吸収の差も検出でき全身のあらゆる場所の診断に役立っています。さらに、コンピュータで画像処理することにより様々な方向の断層画像、3D画像を作成して診断価値の高い画像を提供しています。また、造影剤を使用することにより、血管3D(脳・体幹部・心臓)や病変の質を区別するために必要な情報を提供しています。当院では、320列ADCTと80列160スライスCTの2台にて検査を行っています。

320列CTについて

磁気共鳴画像診断(MRI)

磁気共鳴画像診断(MRI)

MRIとは、Magnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)の略称で、自然界には存在しない人工的に作り出した非常に強い磁石と電波を利用して、人体の様々な断面を撮影することができる画像検査です。そのためMRI検査では、X線による放射線被ばくはありません。当院では、PHILIPS製3.0T(テスラ)MRI装置と1.5T(テスラ)MRI装置の2台にて検査を行っています。

※1.5T(テスラ)MRI装置は2018年12月に更新しました。

核医学検査装置

核医学検査装置

核医学検査は、放射線を放出する少量の薬(放射性医薬品)を静脈注射、服用または吸入していただきます。検査の性質上目的の臓器に薬が集まってから検査を行いますので、1~3時間お待ちいただく必要がある場合もあります。ほとんどの検査は専用ベッドで仰向けに寝ていただいているだけです。副作用も非常に少なくその安全性は確立されています。

X線骨密度測定装置

X線骨密度測定装置

エネルギーの低いX線を利用して骨の密度を測定する検査です。この検査は、骨密度や骨折の危険性を知ることができ、骨粗しょう症などの診断に役立っています。当院では、腰椎・大腿骨で測定を行っています。

放射線治療

放射線治療

放射線治療部門では2015年3月から治療を開始しました。放射線治療は高エネルギーの放射線を照射してがん細胞を消滅させたり小さくします。

切らない治療ですので、臓器の形態や機能を温存でき、身体への負担が少なくてすみます。全身状態がよければ外来通院で治療を受けていただくことも可能です。

放射線単独の治療だけではなく、手術や化学療法(抗がん剤)と併用した治療も実施しています。

また、完全に治すための根治的な治療だけでなく、腫瘍による痛みや出血を緩和するための治療など、疾患や症状に応じた治療を実施しており、安心・安全な治療を提供していきたいと思います。


当院は滋賀県地域がん診療連携支援病院です

放射線科についてはこちら

スタッフ紹介・学会認定医等資格

市場 文功

市場 文功

役職診療部長
学会認定医等資格日本医学放射線学会放射線診断専門医

南 一男

南 一男

役職技師長
(医療の質・安全管理室参事兼務)
学会認定医等資格

山内 聡

山内 聡

役職副技師長
学会認定医等資格

ほか、技師19名

募集・採用について

募集・採用についてはこちら