診療科・部門一覧

感染症科

診療内容・特色

当院は滋賀県下で唯一の第一種感染症指定医療機関であり、感染症法上、入院の必要な一類(エボラ出血熱、クリミアコンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱)二類(急性灰白髄炎、ジフテリア、重傷急性呼吸器症候群、H5N1鳥インフルエンザ)感染症の患者さんを収容、診療にあたります。現在、専用病床は一類感染症:2床、二類感染症:6床の計8床となっています。

紫外線照射ロボットを導入しました

当院では、このたび紫外線照射ロボットLightStrike(ライトストライク)を導入しました。


紫外線照射ロボットライトストライクは、キセノン紫外線を照射することで、手術室や病院のベッド、壁、ドアノブなどに付着する細菌やウイルスの死滅により院内感染予防が期待できます。

なお、滋賀県内での紫外線照射ロボットの導入は、当院で2例目となります。

ライトストライク1

パルス式キセノン紫外線(UV)照射ロボット

紫外線照射ロボットLightStrikeの特長

手作業清掃より迅速に実施できるため病床稼働率を低下させることなく、院内感染リスクを下げることができます。

また、短時間で、高頻度接触表面に紫外線照射することができます。

さらに、水銀を使用していないため環境への負荷も抑えることができます。

ライトストライク照射の様子

紫外線照射ロボット ライトストライク照射のイメージ

感染対策チームICT(Infection Control Team)について

感染対策チームICT(Infection Control Team)として2007年より主に院内感染対策を行っており、多職種で協力し合い、活動しています。
また、2018年度より抗菌薬適正使用支援チームAST(Antimicrobial Stewardship Team)としても活動し、抗菌薬適正使用に向けた支援も行っています。

感染対策チームのページへ

主な活動

  • 医療関連感染サーベイランス
  • 抗菌薬の適正使用に関する取り組み
    • ASTカンファレンス:週1回
    • 抗菌薬使用量の把握、特定抗菌薬の届出制
  • 感染対策の実施状況の評価・指導
    • 環境ラウンド、耐性菌ラウンド:週1回
  • 感染対策マニュアルの作成・改訂
  • 教育・広報活動
    • 研修会の企画・運営
    • ICTニュースの発行
  • コンサルテーション
  • 地域医療機関との連携

スタッフ紹介・学会認定医等資格

辻 桂嗣

役職診療部長
(小児科医長兼務)
学会認定医等資格日本小児科学会小児科専門医、インフェクションコントロールドクター(ICD)認定

笠松 悠

役職非常勤医師
学会認定医等資格

感染管理室のページはこちら