診療科・部門一覧

化学療法部

診療内容・特色

診療内容

診療内容イメージ

化学療法部は抗がん剤治療や免疫療法を必要とする通院患者さんのための外来治療室です。

2017年度は延べ2,249人の患者さんに治療を受けていただきました。

化学療法部は2015年11月に本館6階の眺望のよい静かな治療室に移転しました。お一人ずつの治療スペースも広がり、ゆったりとした環境での治療を受けていただいています。治療は電動ベッドとリクライニングシートで実施しております。

化学療法部で行う治療はすべて各科外来担当医からの事前予約制で行っています。

化学療法部では、がん化学療法看護認定看護師1名を含む経験豊富な看護師とがん専門薬剤師1名が常駐しております。治療薬に対して不安や疑問をお持ちの患者さんがおられましても、認定看護師や薬剤師がその都度お話させていただくことで、少しでも安心して治療を受けていただけるように心掛けております。

帰宅後治療薬による副作用が生じた場合でも、当院ERおおつと連携し、24時間365日体制で対応するように努めています。

治療中は患者さんに少しでもリラックスしていただけるように、全ベッドに液晶テレビ(BS視聴可)を備え付けておりますので、ぜひご利用ください。

特色

  • 薬の副作用を考慮し、担当医がすぐさま対応出来る日に治療を行い、患者さんに安心して頂けるよう安全性の確保に努めています。
  • ERと連携し、1年365日24時間体制で抗癌剤の副作用に対応できる体制を整えています。
  • 薬に対して不安や疑問をお持ちの患者さんに対しては、医師、看護師、薬剤師がその都度説明をさせて頂き、患者さんに安心して治療を受けて頂けるよう心掛けています。
    治療は予約制で行っており、少しでも日常に近い生活を患者さんに送って頂けるよう治療時間帯には最大限の配慮をしています。
  • 患者さんに寄り添い、治療に取り組んでいきます。
  • 少しでも患者さんにリラックスしてもらえるよう全て電動ベッドを使用し、さらに全ベッドにテレビが備え付けられています。(無料)
  • 壁には患者さんの作品を飾るなど、あたたかい雰囲気作りを心掛けています。

当院は滋賀県地域がん診療連携支援病院です

業務紹介

  • 外来抗癌剤治療
  • ホルモン治療・・・・(乳がんや前立腺がんなど)
  • 免疫療法 ・・・・・(クローン病や潰瘍性大腸炎、慢性関節リウマチなど)

治療実績

2017年度年間治療件数・・・2,249件

科別治療件数

(単位:件)

外科 1,015 大腸癌、乳癌、膵癌、胆道癌など
内科 305 血液悪性疾患など
呼吸器内科 258 肺癌など
消化器内科 437 胃癌、大腸癌、肝癌(動注)、胆道癌、炎症性腸疾患など
泌尿器科 39 腎癌、前立腺癌など
婦人科 31 卵巣癌、子宮癌など
歯科口腔外科 30 舌癌など
オリエンテーション 131 2016年度:104件

設備紹介

設備紹介


電動リクライニングチェア 3床
電動ベッド 13台
輸液ポンプ 12台
自動点滴装置(DRIP EYE) 16台

自動点滴装置(DRIP EYE)

自動点滴装置(DRIP EYE)

看護師の目に代わり、電子の目が正確な点滴管理を行います

スタッフ紹介・学会認定医等資格

益澤 明

益澤 明

役職診療部長
(消化器内科医長兼務)
学会認定医等資格日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本肝臓学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

阿部 史誉

阿部 史誉

役職薬剤部 主査
学会認定医等資格日本医療薬学会認定がん専門薬剤師、日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師

奥野 あす香

奥野 あす香

役職看護局 外来部 主査
学会認定医等資格日本看護協会認定がん化学療法看護認定看護師

学会指導施設認定

日本がん治療認定医機構認定研修施設

募集・採用について

募集・採用についてはこちら