診療科・部門一覧

消化器内視鏡センター

診療内容・特色

概要

消化器内視鏡センターは、2010年秋、県内でも最大規模のスペースを有するセンターとして開設され、2015年9月には最新の内視鏡システムが導入されました。

内視鏡検査件数は、2018年度も昨年度に続き、9,000件を超え、開設当初と比較して約1.5倍の9,192件となっております。

概要イメージ
概要イメージ
概要イメージ

内視鏡検査件数の推移

(単位:件)

2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
7,701 8,708 8,899 9,724 9,273 9,279 9,192

最高レベルの内視鏡的診断と治療を提供できるようスタッフ一丸となり日々研鑽に努めています。
日本消化器内視鏡学会等の認定指導施設であり、すべての疾患に対して的確な内視鏡検査や治療を行っています。

特徴

充実した診療体制とPatient-oriented endoscopy

消化器内視鏡学会指導医2名、消化器内視鏡学会専門医6名の体制の元、消化器内科スタッフがあらゆる内視鏡関連の診断および治療を施行し、受療される方が満足し安心していただけるよう、チーム全体で対応しています。検査および治療についてはインフォームド・コンセントを確立し、紹介医療機関と連携し、円滑な継続診療のもとPatient-oriented endoscopyの施行を目指しています。

また、リカバリールームも完備していますので、患者さんの希望に応じ、鎮静下での検査にも十分対応できます。

緊急内視鏡についても、消化器内視鏡センターとして、医師2名・専属看護師1名のオンコール体制をとり、ERおおつや当直医との緊密な連携の元に、24時間365日対応しています。

設備・備品

(2018年1月現在)

上部消化管汎用ビデオスコープ

GIF-H290 2本
GIF-H290Z 5本
GIF-Q260J 2本
GIF-Q260 2本
GIF-XP290N 1本

大腸ビデオスコープ

CF-HQ290ZI 4本
CF-HQ290ZL 1本
PCF-H290I 2本

十二指腸ビデオスコープ

JF-260V 2本
TJF-260V 1本

超音波ビデオスコープ

GF-UE260-AL5 1本
GF-UCT240 1本

EVIS LUCERA ELITEビデオシステムセンター

CV-290 6台

EVIS LUCERA ELITE高輝度光源装置

CLV-290  6台

高解像LCDモニター

OEV262H 5台
OEV191H 6台
OEV261H 1台
OEV191 1台

高周波焼灼電源装置

ESG-100 2台
PSD-60 1台
PSD-20 1台

高周波手術装置

VIO300Dエンドカットモデル 1台
APC2 1台

内視鏡用超音波観測装置

EU-ME1 1台

超音波ケーブル

MAJ-953 1台

自動注水装置

UWS-1 1台

超音波洗浄器

ENDOSONIC 1台

内視鏡洗滌消毒装置

OER-3 6台

内視鏡用送水ポンプ

OER-3 6台

内視鏡用炭酸ガス送気装置

UCR 6台

ビデオキャプチャーボックス

GV-VCBOX 6台

内視鏡保管庫

TP-108 3台
DK-6FS 1台

診察台

EX-SD6 5台

富士フイルムシステム

プロセッサー VP-4450 1台
光源装置 XL-4450 1台
19インチ液晶モニター CDL-1909A 1台
システムカート PC-450 1台
バルーンコントローラー PB-20 1台
ダブルバルーン小腸内視鏡 EN-450T5/W 1本
ダブルバルーン大腸内視鏡 EC-450B15 1本
上部消化管経鼻スコープ EG-530NW 2本
内視鏡用送気送水装置 GW-1 1本

消化器内科のページを見る

 

スタッフ紹介・学会認定医等資格

全 圭夏

全 圭夏

役職センター長
(消化器内科医長兼務)
学会認定医等資格日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医

学会指導施設認定

日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本肝臓学会
日本がん治療認定医機構
日本消化管学会
日本カプセル内視鏡学会

募集・採用について

募集・採用についてはこちら