診療科・部門一覧

呼吸器外科

診療内容・特色

主な対象疾患は、肺がん・転移性肺腫瘍・良性腫瘍・膿胸・自然気胸・縦隔腫瘍・多汗症などです。

肺がんは、ほぼ全例に胸腔鏡を使用し、4cm 1ヶ所と1cm 2ヶ所の皮膚切開のみで肺葉切除を行います。

2群郭清も直視を併用しこの創で行うため、病期による創の拡大は行いません。過去15年間にこの方法で手術を施行した病理病期IA期の肺がん症例440例中再発例は現在のところ2例のみです。術後入院日数は4日を目標としており、平均は4.7日です(入院期間延長理由の80%は患者さまのご希望です)。ここ数年の全身麻酔下手術は130例前後で、うち肺がん手術例は60例前後です。また、進行した症例に対しては、胸壁や縦隔臓器の合併切除を積極的に行います。大動脈や上大静脈への浸潤例には体外循環下手術も行います。

術後入院日数は、気胸は原則1日、悪性腫瘍の肺部分切除や良性疾患は原則2日です。

手掌多汗症に対しては、各腋窩に1cm弱の創1ヶ所で交感神経焼灼術を行います。

これまで施行した約100例中、効果は100%でした。この方法を手指の血行障害にも応用していますが、血管に不可逆性変化をきたしている場合があり、効果は70%程度です。

”患者さんの立場に立った治療”
をモットーにしています。十分なインフォームド・コンセントのもとに、
手術侵襲の低い胸腔鏡手術を治療の中心とし、
早期の日常生活復帰・社会復帰を目指します。

NCD症例登録について
(PDF 148KB)

スタッフ紹介・学会認定医等資格

戸田 省吾

戸田 省吾

役職副院長、手術部診療部長、臨床工学部診療部長・技師長兼務
学会認定医等資格日本外科学会指導医・専門医、日本胸部外科学会指導医、関西胸部外科学会評議員、呼吸器外科専門医、日本呼吸器学会指導医、日本臨床外科学会評議員、日本循環器学会専門医・近畿地方会評議員、日本消化器外科学会認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医

柳田 正志

柳田 正志

役職診療部長
学会認定医等資格日本外科学会認定医・専門医・指導医、日本胸部外科学会認定医(呼吸器)、日本呼吸器外科学会専門医・評議員、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医、日本臨床外科学会評議員、肺がんCT検診認定医

古谷 竜男

古谷 竜男

役職医員
学会認定医等資格

外来診療担当表

診療受付時間 8:30~11:30(診療時間 8:45~17:15)

  • 医師の都合により、休診または代診となる場合があります。予めご了承下さい。
  • 午後の診療は、原則として予約となっておりますので、詳しくは外来受付窓口へお問合せ下さい。
  • 赤字は女性医師です
診察場所 診察時間
1診 C1-5 午前 戸田
午後 戸田

募集・採用について

募集・採用についてはこちら