地域医療連携室

地域医療連携室

比叡山からの風景


~2003年に地域医療支援病院に指定されました~

 地域医療連携とは、地域の医療機関や施設(病院・診療所・保険・福祉施設など)が自施設の実情に合わせて役割(機能)分担、発揮をして相互にスムーズな連携を図り、患者さんに継続性のある質の高い医療を効率的に提供する仕組みです。

 当院は、大津市医師会、歯科医師会、薬剤師会などの地域の先生方と長年にわたって築き上げてきた地域医療連携をもとに、2003年6月、地域医療支援病院を拝命しました。

 地域医療支援病院は、医療法に基づき制度化されたもので、地域に必要な医療の確保と充実を図る地域医療連携の中核をなす病院と位置付けられています。当院は地域医療支援病院として、紹介患者さんや救急患者さんなどを積極的に受け入れるとともに、地域医療機関やかかりつけ医、かかりつけ歯科医の先生方、介護保険施設に従事される方々との“顔の見える連携”を推進しています。


重要なお知らせ

※「地域医療連携室」(病診・病病連携部門) および 「入退院センター」(入院支援部門・退院支援部門)は、令和2年4月1日にそれぞれ独立した組織となりました。


業務内容紹介

地域医療連携室で行っている業務内容を紹介します。

地域医療連携室だより

地域医療連携室が発行している情報便りです。

市立大津市民病院大学 健康講座/公開講座

健康講座、公開講座などの案内です。

かかりつけ医制度のご案内

地域に良質な医療を提供するために、かかりつけ医制度を実施しています。

かかりつけ医検索システム

50音順別・地域別にかかりつけ医を検索できます。

医療機関の皆様へ

当院へ患者さんをご紹介いただく方法等を掲載しています。

びわ湖あさがおネット

皆様の医療情報を県内の医療機関で共有することにより、よりよい医療サービスを提供するための仕組みです。

お知らせ

地域医療連携室からのお知らせを掲載しています。


MAP