診療科・部門一覧

手術部

診療内容・特色

概要

手術部は本館3階に集中治療室と隣接して位置し、市立大津市民病院のすべての診療科の手術を行う場です。

クリーンルームを含む8室を有し、すべての手術が安全かつ円滑に行える環境の提供に努めています。手術件数は年間約3,800件にのぼり、腹膜炎や外傷、虚血性 心疾患などの緊急症例に24時間対応しています。2014年5月には内視鏡手術支援 ロボット「ダ・ヴィンチ」を導入し、現在泌尿器科領域、消化器外科領域でロボット手術を行っています。医師、看護師、臨床工学技士、他コメディカルスタッフが協働するチーム医療の場として、日々進歩する手術医療に確実に対応出来るよう努力しています。

2017年度の業務実績

<手術件数>

(単位:件)

診療科 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
外科 55 57 44 59 47 49 47 51 58 56 45 56 624
整形外科 51 51 62 57 75 53 67 61 45 53 44 68 687
脳神経外科 26 20 12 18 21 21 21 23 32 20 19 20 253
心臓血管外科 15 12 13 15 12 16 15 17 23 21 26 21 206
呼吸器外科 11 11 13 11 12 7 7 12 10 12 7 14 127
歯科 32 26 18 34 38 34 25 27 25 22 16 38 335
眼科 47 56 53 46 47 37 40 31 36 43 23 23 482
耳鼻咽喉科 2 4 3 5 12 5 10 9 11 - - - 61
皮膚科 10 7 9 10 9 9 7 11 11 8 9 8 108
形成外科 2 5 5 0 5 6 3 6 5 2 3 3 45
泌尿器科 52 44 57 57 52 46 53 55 61 54 48 64 643
産婦人科 30 26 25 16 31 30 29 17 28 29 29 27 317
麻酔科 - - - - - - 2 - - - - 2
合計 333 319 314 328 361 313 324 322 345 320 269 342 3,890

特徴

麻酔科医師(常勤医7名)による安全を徹底した周術期管理を提供するとともに、外科系各診療科医師・歯科医師、手術介助にあたる手術部看護師(常勤看護師22名)が一致協力し、患者さんの立場にたって毎日の手術が安全に行えるよう、日々安全管理と感染管理に努力を続けております。

当院は外科(消化器外科)、泌尿器科、産婦人科呼吸器外科などにおいて、創の小さな内視鏡手術(腹腔鏡手術や胸腔鏡手術)を積極的に導入しています。内視鏡手術は、従来の開胸・開腹手術に比べて痛みが少ない、術後の機能障害が少ない、入院期間が短くなるなど患者さんにとっては多くのメリットがありますが、様々な専用手術機器の使用と高度な手術技術が要求されます。当院では、医師・看護師・臨床工学技士の協力により、救急症例を含めて24時間常に安全な手術が行える体制を整えています。2014年5月には滋賀医科大学に続き、滋賀県内では2番目となる内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を導入し、現在、泌尿器科領域(前立腺がん、腎がん)、消化器外科領域(胃がん)において、ロボット支援手術が順調に稼動しています。こうした手術室での実績が評価され、当院はロボット支援手術の術者資格取得のための見学指定施設にも認定されています。より精緻で根治性の高い内視鏡手術が多くの診療領域において安全に行えるようこれからも万全の準備を進めて参ります。


ダ・ヴィンチによる胃がん手術の様子(全景)

ダ・ヴィンチによる胃がん手術の様子(全景)

ダ・ヴィンチによる前立腺がん手術の様子(術者)

ダ・ヴィンチによる前立腺がん手術の様子(術者)


市立大津市民病院内視鏡(腹腔鏡・胸腔鏡)手術ガイドライン(PDF 59KB)

手術部(看護局)のページはこちら

スタッフ紹介・学会認定医等資格

橋口 光子

橋口 光子

役職診療部長
(麻酔科診療部長兼務)
学会認定医等資格麻酔科標榜医、日本麻酔科学会専門医・指導医、日本麻酔科学会代議員

梶浦 亜加音

梶浦 亜加音

役職主査
学会認定医等資格手術看護実践指導看護師

中邑 布美代

中邑 布美代

役職主査
学会認定医等資格周術期管理チーム認定看護師

森 美保子

森 美保子

役職主査
学会認定医等資格周術期管理チーム認定看護師

募集・採用について

募集・採用についてはこちら