病院の案内

病院の概要

地域とともに、地域のために、よりよい医療を

市立大津市民病院は、明治32年に開設、昭和39年に現在地に移転し、これまで長年にわたり市民に親しまれる病院として地域医療を担ってきました。

平成11年には、本館棟を増改築し、今日的な医療ニーズに対応した医療体制の整備を図るとともに、平成15年に承認を得た地域医療支援病院として地域の医療機関との連携に努め、みなさまが安心して医療を受けることができる医療環境の確保に努めております。

平成29年4月からは「地方独立行政法人市立大津市民病院」として新たな一歩をふみだしました。

これからも大津保健医療圏における中核的な病院としての役割を担い、良質で安全な医療の提供に努めてまいります。

沿革・病院の歴史はこちら

外観

病院の概要

開設者 地方独立行政法人市立大津市民病院
理事長 増田 伊知郎
院長 若林 直樹
所在地 大津市本宮二丁目9番9号(〒520-0804)
施設の概要

本館

地上9階、地下1階、屋上へリポート(免震構造)

別館

地上5階、地下1階

放射線治療棟

地上2階

管理棟

地上3階

附属棟

地上3階

駐車場

第1(211台)、第2 (307台)

病床数 439床
<内訳>
一般病床431床、感染症病床8床

看板

病院体制一覧

診療科

内科 消化器内科 消化器外科 呼吸器内科 呼吸器外科 脳神経内科
循環器内科 心療内科 精神科 小児科 外科 整形外科
脳神経外科 心臓血管外科 リハビリテーション科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科
泌尿器科 皮膚科 歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 放射線科
麻酔科 形成外科 病理診断科 乳腺外科 救急科 緩和ケア内科

(以上 標榜科)

市立大津市民病院/救急診療科

救急外来「ERおおつ」では、救急専門の医師を中心に、内科系の医師、外科系の医師が救急患者の状態を診て、入院が必要なのか、小児科や眼科、耳鼻咽喉科などの専門的診察が必要なのか、より高度な救命措置が必要なのかなど、重症度、緊急度、専門性等を決定し(これをトリアージといいます。)、治療にあたっています。

救急搬送患者のうち特に重傷例に関しては、集中治療室(ICU)で治療を継続します。

設備

救急診療科「ERおおつ」 診察室 4室
外科処置室 1室
内科処置室 1室(3床)
点滴室 ベッド4床
集中治療室(ICU) 8床(うち個室4床)
救急病棟(3B病棟) 22床
重症観察室 6床
一般病棟 16床

設備

設備

看護配置基準

一般病棟 7対1看護

専門看護師

  • がん看護
  • 母性看護

認定看護師

  • 感染管理
  • 緩和ケア
  • がん化学療法看護
  • 救急看護
  • 糖尿病看護
  • 皮膚・排泄ケア
  • 訪問看護
  • 慢性心不全看護
  • 認知症看護

心理カウンセラー(公認心理師)

 

職員数 2018年4月1日現在(単位:人)

病院

職種 正規職員 嘱託職員 契約職員 非常勤 合計
医師 83 46 0 32 161
看護師 403 6 34 0 443
医療技術他 97 23 5 0 125
事務職員 36 22 83 0 141
合計 619 97 122 32 870
  • 医師は歯科医師3人を含む。
  • 看護師は、准看護師を含む。また看護師のパート職員には看護助手を含む。

看護専門学校

職種 正規職員 嘱託職員 契約職員 非常勤 合計
医師 0 0 0 0 0
看護師 10 0 0 0 10
事務職員 0 1 1 0 2
合計 10 1 1 0 12

全体

職種 正規職員 嘱託職員 契約職員 非常勤 合計
医師 83 46 0 32 161
看護師 413 6 34 0 453
医療技術他 97 23 5 0 125
事務職員 36 23 84 0 143
合計 629 98 123 32 882
  • 医師は歯科医師3人を含む。
  • 看護師は、准看護師を含む。また看護師の契約職員には看護助手を含む。