病院の案内

病院の理念

理念及び綱領、指針

病院理念

市立大津市民病院は、

  1. 医の倫理と公立病院の使命のもとに、すべての患者さまの価値観を尊重し、生きる喜びと希望を大切にする医療を行います。
  2. つねに良質で、清潔で、安全な医療を行います。
  3. 説明と同意による医療を行い、納得される結果をえるために最善をつくします。
  4. 職員のひとりひとりが、つねに日進月歩の医学を学び、最高の医療を追求します。
  5. 時代に求められる医療体制の充実と、療養にふさわしい環境の整備に努めます。

患者の権利綱領

市立大津市民病院の職員は、患者さんの次の権利を順守して日々の医療を行います

  1. 安全で適正な医療を公平・平等に受ける権利
  2. 個人の生き方、信条、尊厳などが尊重される権利
  3. 病状、検査結果、治療方法・結果などについて、納得のいく説明を受ける権利
  4. 十分な説明や情報提供のもとで、どのような医療を受けるかを選択する権利
  5. 如何なる不利益を受けることなく、検査・治療などを拒否する権利
  6. 希望によりセカンドオピニオン(他の医師の意見を聴くこと)を受ける権利
  7. 如何なる場合も、個人情報やプライバシーが守られる権利

看護局理念

専門的知識を深め、
洗練された技術で、
患者さんの生きる力を引き出し、
寄り添い続ける看護を提供します

医の倫理綱領

私たち市立大津市民病院の医療者は、

  1. たずさわる仕事に誇りをもち、つねに自己の人間性と責任感を涵養し、職業人としての資質の向上に努力します。
  2. すべての患者さんの人格と価値観を尊重し、ひとを大切にする医療を行います。
  3. すべての患者さんに対し公正且つ平等に対応し、患者さん本位の医療を行います。
  4. すべての患者さんの個人に係る、いかなる事柄も許可なく他人に洩らしません。
  5. 医療を行う場合はもとより、日常の生活においても法に従い、社会の秩序の保持に努めます。

医療の提供指針

(医療の倫理性)

  1. 医療を提供する者は、医療を受ける者の尊厳とその価値観を尊重し、職業人としての、高い社会的及び職業的な倫理性をもって医療を実践しなければならない。

(患者の権利)

  1. 医療を提供される者は、如何なる場合にあっても、提供された医療の全てを知り、適正な医療を平等に受ける権利を有し、そのプライバシーは完全に守秘されるものでなければならない。
  2. 提供される医療は、医療を提供する者が知り得る、全ての利益と不利益について、患者またはその保護者に適切に説明され、同意を得て行われるものであること。

(医療の質)

  1. 提供された医療は、根拠に基づいて正しく評価されたものであり、現時点での最善、最良の選択と確信されるものであること。
  2. 提供された医療は、その始まりから完結までの如何なる過程においても、医療の提供を受けた者はもとより第三者の厳しい評価に耐えるものであり、そのために医療に係わる者は職業人として、つねに自己研鑚に努めるものである。

(医療の安全性)

  1. 提供された医療は、清潔且つ安全に行われることが基本であり、医療の過程のなかで、つねに最優先される行為であることを深く認識すること。

(チームワーク)

  1. 医療の提供に際して、医療は特定の職種に携わる者のみで行われるものでなく、全ての職種にある者がその専門性をもって参加し、チームとして成功させるものであること。
  2. 医療は、単に病院において提供されるだけでなく、院外のかかりつけ医や医療、福祉に係わる人びととの連携のもとで、相互の立場を尊重した密接なチームワークのもとで完成されるものであること。

(地域社会における役割)

  1. 医療を提供する者は、つねに地域社会に生きる人びとに適切な医療を提供することにより、個人の健康の保持のみならず、健全な社会の育成と維持に貢献する使命を有することを認識すること。
  2. 医療を提供する者は、全ての医療を効果的且つ効率的に実施し、個人および社会の経済的負担を軽減するように努めなければならない。