病院の案内

沿革・病院の歴史

病院の歴史

沿革

明治 32年 滋賀県立避病院(伝染病院)を大津市に移管、大津市立圓山病院開設
昭和 12年 4月 大津回生病院が1市2カ村組合立伝染病院(大津市・坂本村・下阪本村)として膳所錦町字打明に開設
昭和 23年 8月 大津市立病院が大津回生病院と同一地に開設 病床数:23床 診療科:内科、外科、小児科
昭和 28年 4月 国民健康保険直営大津市民病院に改称
大津市民病院付属准看護婦養成所を設置
昭和 39年 1月 現在地に移転、大津市民病院に改称
病床数:190床(一般病床90床、結核病床60床、伝染病舎40床)、診療科:内科、呼吸器科、小児科、外科、整形外科、産婦人科、耳鼻咽喉科、眼科、歯科、放射線科
昭和 39年 4月 地方公営企業法の財務規定一部適用
病床数変更:170床(一般病床140床、結核病床30床)
救急告示病院に指定
昭和 48年 4月 大津市民病院付属高等看護学院開校
昭和 49年 9月 看護寄宿舎(第2むつみ寮)新築
昭和 53年 7月 新館棟(現在の別館棟)竣工、病床数:450床(一般病床440床、結核病床10床)
昭和 54年 3月 管理棟増築
昭和 55年 10月 看護婦宿舎、医師住宅増築
昭和 58年 10月 付属棟増築
昭和 59年 4月 大津市民病院付属看護専門学校開設(校舎は昭和62年2月竣工)
平成 元年 8月 第1駐車場竣工
平成 6年 10月 開放型病床許可(20床)
平成 9年 1月 災害拠点病院に指定
平成 9年 4月 訪問看護ステーション開設(市から病院へ所管替え)
平成 11年 4月 本館棟竣工(地下1階、地上9階建て免震構造、屋上ヘリポート設置)
第2種感染症病床(6床)開設、病床数:501床(一般病床485床、結核病床10床、感染症病床6床)
臨床研修指定病院〈医科・歯科〉に指定
総合医療情報システム稼動
平成 12年 7月 第2駐車場竣工
平成 12年 8月 一般病床増床(20床)
第1種感染症病床(2床)開設(増床)
平成 13年 4月 滋賀県難病医療拠点病院に指定
平成 14年 10月 一般病床を28床増床(534床→562床)
平成 15年 1月 病院機能評価認定取得
平成 15年 4月 ERおおつ開設
平成 15年 6月 地域医療支援病院の承認
平成 17年 2月 ISO9001認証取得
平成 19年 6月 病床数の見直し562床→506床(一般病床544床→488床)
平成 19年 8月 一般病棟入院基本料(7対1)の算定開始
平成 19年 9月 マルチスライスCT(64列、16列)導入
平成 21年 4月 DPC対象病院に移行
平成 21年 9月 病棟再編(回復期リハビリテーション病棟を4C病棟から6A病棟へ)
平成 22年 8月 敷地内全面禁煙実施
消化器内視鏡センター開設
平成 22年 10月 滋賀県地域がん診療連携支援病院に指定
平成 23年 4月 臨床研修センター開設
平成 23年 10月 院内助産所開設
平成 23年 11月 健診センターリニューアルオープン
平成 24年 3月 大津市民病院経営計画(平成24年~30年度)策定
条例改正により一部診療科の診療科名変更
平成 24年 6月 3.0テスラMRI稼動
病院機能評価認定取得(Ver6.0)
平成 24年 9月 心臓リハビリテーション開始
平成 25年 2月 脳ドック開始
平成 25年 4月 患者総合支援センター設置
平成 25年 9月 特定非営利活動法人卒後臨床研修評価機構認定取得
平成 26年 1月 次期総合医療情報システム(電子カルテシステム)稼働
平成 26年 6月 内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチSi」稼働
肺ドック開始
平成 26年 8月 放射線治療棟完成
平成 27年 3月 放射線治療用直線加速器(リニアック)稼働
平成 28年 4月 病床数の見直し506床→445床(一般病床488床→437床)
平成 29年 1月 大腸CT検査開始(人間ドックの新メニューとして)
平成 29年 2月 病院機能評価取得(3rdG:Ver.1.1)
平成 29年 4月 地方独立行政法人市立大津市民病院に移行