病院の案内

平成29年度

 

平成29年度 市立大津市民病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 635 159 182 292 526 792 1693 2248 1695 425

(注:年齢は入院時の年齢。90歳以上は1つの階級で示しています。)

70代の患者さんが最も多いですが、60代から増加傾向にあり、60歳以上の患者さんが7割を占めています。
小児全般の疾患も広く診療しており、幅広い年齢層に良質で安全な医療の提供に努めています。
当院は、平成15年6月に地域医療支援病院の承認を得ました。
地域医療支援病院は、地域に必要な医療の確保と充実を図る地域医療連携の中核をなす病院と位置づけられています。
今後ますます地域医療の機能分化が促進する中で、在宅医療・在宅療養を支援し、
「いざというときにこそお役に立てる急性期医療の基幹病院」として、地域の皆様から選ばれる病院であるべく、
地域の“かかりつけ医”の先生方との連携もさらに密接にして、地域医療支援病院として地域の医療全体の向上にも貢献してまいります。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040081xx99x00x ①誤嚥性肺炎
手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
122 27.51 20.83 22.13 87.11
110310xx99xx0x ②腎臓または尿路の感染症
手術なし 副傷病なし
98 14.50 12.34 8.16 77.22
110280xx99000x ③慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全
手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
46 11.78 12.23 4.35 67.59
130030xx99x40x ④非ホジキンリンパ腫
手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし
41 14.05 16.48 0.00 74.68
0400801499x002 ⑤肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)
手術なし 手術・処置等2なし  副傷病なし A-DROP スコア2
32 16.31 15.12 9.38 87.03

①は誤嚥性肺炎、②は尿路感染症、③は慢性腎不全、④は非ホジキンリンパ腫における化学療法(リツキシマブ投与)、⑤は急性肺炎(市中肺炎・75歳以上・A-DROP スコア2)の症例を主に示しています。(*⑤については「成人市中肺炎の重症度別患者数等」もご覧下さい。)
誤嚥性肺炎は、平均年齢87.11歳と高齢者に多い疾患です。治療後2割程度は転院されています。
総合内科・救急診療科との連携により、肺炎などの一般的内科疾患に加え、糖尿病・内分泌、腎臓、血液の各専門医による専門性の高い医療を提供しております。
他科と比べ患者さんの平均年齢は比較的高いですが、特にさまざまな疾患を併せ持つ高齢者に対しては病気を総合的にとらえQOL(生活の質)を最大限に考えた医療を提供しています。

心療内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
161070xxxxx00x ①薬物中毒(その他の中毒)
手術・処置等2なし 副傷病なし
12 2.42 3.58 16.67 37.42
170040xxxxxxxx ②気分[感情]障害 - - 19.36 - -
161070xxxxx01x ③薬物中毒(その他の中毒)
手術・処置等2なし 副傷病あり
- - 7.76 - -
- - - - - - -

-

- - - - - -

救急外来からの睡眠薬や抗不安薬などによる急性薬物中毒の患者さんが最も多いです。
入院治療に関しては、専門病棟がないため原則として行っておりませんが、切迫した精神状態にある患者さん(重症な不安・抑うつ・自殺願望など)や、行動管理が必要な患者さんなど緊急で入院治療が必要な方は、適切な入院先へご紹介します。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040090xxxxxx0x ①急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他)
副傷病なし
99 5.14 5.94 0.00 1.31
040070xxxxx0xx ②インフルエンザ、ウイルス性肺炎
手術・処置等2なし
58 5.66 6.03 0.00 1.97
0400801199x00x ③肺炎等(1歳以上15際未満)
手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
48

5.17

5.70 0.00 3.71
140010x199x00x ④妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害
(出生時体重2500g以上)
手術なし 手術・処置等2なし  副傷病なし
33 7.12 6.18 3.03 0.06
030240xx99xxxx ③扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎
手術なし
28 4.39 5.48 3.57 3.96

①は急性気管支炎・急性細気管支炎、②はインフルエンザ、③は急性肺炎、④は新生児疾患(新生児一過性多呼吸・新生児黄疸など)、⑤は急性扁桃炎・急性咽頭喉頭炎の症例を主に示しています。
呼吸器感染症が上位を占めています。
入院患者は呼吸器感染症、消化器感染症の症例が中心ですが、気管支喘息や食物アレルギーなどのアレルギー疾患・てんかんなどの神経疾患・糖尿病などの代謝内分泌疾患も多く受け入れています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060330xx02xxxx ①胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 51 5.92 6.64 0.00 58.35
060150xx03xxxx ②虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 36 5.58 5.56 0.00 34.86
060335xx02000x ③胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等
手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
32 7.44 7.40 3.13 67.13
060035xx01000x ④結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、
亜全切除又は悪性腫瘍手術等
手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
29

15.34

15.61 0.00 70.76
090010xx99x40x ⑤乳房の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし
22 2.73 4.49 0.00 58.45

①は胆嚢結石症における腹腔鏡下胆嚢摘出術、②は急性虫垂炎における虫垂切除術(腹腔鏡下含む)、③は胆嚢炎における腹腔鏡下胆嚢摘出術、④は大腸癌における結腸切除術(腹腔鏡下含む)、⑤は乳癌における化学療法(ゲムシタビン塩酸塩、シクロホスファミド+塩酸エピルビシン、パクリタキセル、ドセタキセル水和物投与)の症例を主に示しています。
ヘルニア・肛門疾患(痔疾・直腸脱)などの身近な疾患から全ての外科領域疾患に対応し、地域の方々の医療福祉に貢献できるように日々努力しています。
また、24時間オンコール体制により緊急手術に備える一方、消化管がん・肝胆膵領域がん・そして乳がんに対し、ガイドラインとエビデンスに基づいたハイレベルな外科治療を、患者さん一人一人のご要望に応じて提供できるよう、工夫しています。
 (*診療科別手術件数をご覧下さい。)

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
160800xx01xxxx ①股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 138 33.03 27.09 64.49 84.62
160760xx97xx0x ②前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 42 6.40 5.21 0.00 55.02
070230xx01xxxx ③膝関節症(変形性を含む。)
人工関節再置換術等
24

28.88

25.09 12.50 75.67
160740xx97xx0x ④肘関節周囲の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 20 4.95 5.16 0.00 25.55
160760xx97xx1x ⑤前腕の骨折 手術あり 副傷病あり 20 9.55 9.82 5.00 73.55

①は大腿骨近位部骨折、②は前腕骨骨折、③は変形性膝関節症、④は肘関節周辺骨折、⑤は②と同じく前腕骨骨折で「狭心症」や「骨粗鬆症」を合併している場合で、いずれも手術症例を示しています。
急性期疾患から慢性疾患まで幅広い症例の治療を行っています。
地域の高齢化を反映して、大腿骨近位部骨折・橈骨遠位端骨折などの骨折が多くなっています。術後は急性期リハビリテーションを提供し早期復帰を支援しています。
大腿骨近位部骨折は、平均年齢84.62歳と高齢の患者さんが多く、治療後はリハビリ専門病院等へ転院されることもあります。関連医療施設での円滑な治療継続ができますよう連携パスも運用しています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
070341xx020xxx ①脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、
椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)
後方又は後側方固定等 手術・処置等1なし
49 25.27 22.08 16.33 68.51
160100xx97x00x ②頭蓋・頭蓋内損傷
 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし
35

10.86

9.68 11.43 74.71
070343xx01x0xx ③脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、
不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、
椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)
前方椎体固定等 手術・処置等2なし
29 23.10 21.70 6.90 65.93
070343xx97x0xx ④脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎
その他の手術あり 手術・処置等2なし
26 17.88 17.28 0.00 68.27
160100xx99x00x ⑤頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 8.43 7.34 17.39 60.22

①は頚部脊柱管狭窄症・変形性頚椎症の椎弓形成術、②は外傷性慢性硬膜下血腫の慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術、③は腰部脊柱管狭窄症・変形性腰椎症の後方椎体固定術、④は腰部脊柱管狭窄症・変形性腰椎症の椎弓切除術、⑤は外傷性頭蓋内損傷の症例を主に示しています。
脳神経外科で扱う疾患は脳腫瘍、脳卒中(脳出血・くも膜下出血)、機能的疾患(顔面痙攣・三叉神経痛)、脊椎脊髄疾患、末梢神経疾患と多岐にわたっていますが、医師それぞれの得意分野を活かしながら、幅広い分野をカバーしています。
特に脊柱脊髄疾患に対しては、当院では開設当初から精力的に診療にあたっており良好な成績を上げております。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040040xx97x0xx ①肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 79 8.37 12.35 0.00 70.44
040030xx01xxxx ②呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 10 6.70 9.85 0.00 55.70
040200xx01x00x ③気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 10.04 - -
040200xx99x00x ④気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 9.14 - -
- - - - - - -

①は肺癌・転移性肺腫瘍、②は肺良性腫瘍のいずれも手術症例を示しています。
肺癌の症例が最も多いですが、転移性肺腫瘍・膿胸・自然気胸・縦隔腫瘍・多汗症など呼吸器外科全般にわたって手術を中心とした治療を行っています。
手術侵襲の低い胸腔鏡下手術を治療の中心とし、早期の日常生活復帰・社会復帰を目指します。他院と比較しても在院日数は短くなっています。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050180xx97xxxx ①静脈・リンパ管疾患
その他の手術あり
79 3.10 3.20 0.00 66.49
050210xx97000x ②徐脈性不整脈
手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり
手術・処置等2なし 副傷病なし
32 8.88 11.21 0.00 74.72
050080xx01010x ③弁膜症(連合弁膜症を含む。)
 ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等
 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし
- - 23.93 - -
- - - - - - -
- - - - - - -

①は下肢静脈瘤の血管内焼灼術(レーザー)、②は房室ブロック・洞不全症候群のペースメーカー移植・交換術の症例を主に示しています。
下肢静脈瘤においては最新の低侵襲な血管内レーザー治療を導入しており、3日程度の入院で可能です。
狭心症・心筋梗塞に対する冠動脈バイパス手術や弁膜症に対する弁形成術・弁置換術などの心臓手術、動脈瘤に対する人工血管置換術や末梢血管バイパス術など、幅広く心臓血管手術を行っております。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
120070xx02xxxx ①卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(膣式を含む。)
 腹腔鏡によるもの等
40 6.23 6.37 0.00 49.90
120060xx02xxxx ②子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下膣式子宮全摘術等 39 7.41 6.28 0.00 46.46
140010x199x00x ③妊娠期間短縮、
低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)
手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
39 3.18 6.18 0.00 0.00
120220xx01xxxx ④女性性器のポリープ 子宮全摘術等 36 3.00 3.05 0.00 45.75
12002xxx99x40x ⑤子宮頚・体部の悪性腫瘍 
 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし
28 5.68 4.98 0.00 57.32

①は卵巣良性腫瘍における腹腔鏡下手術、②は子宮良性腫瘍における腹腔鏡下手術、③は新生児疾患(新生児一過性多呼吸・新生児黄疸など)、④は子宮内膜ポリープにおける子宮鏡下手術、⑤は子宮頚がん・子宮体がんにおける化学療法の症例を主に示しています。
子宮、卵巣の良性腫瘍及び子宮外妊娠については、基本的に創が小さく、低侵襲な腹腔鏡手術を行っております。
悪性腫瘍については、ガイドラインに遵守した手術、放射線治療、化学療法による治療を行っております。
分娩は年間約300例取り扱っております。できる限り自然分娩を目指しています。
(*診療科別手術件数もご覧下さい。)

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
030400xx99xxxx ①前庭機能障害 手術なし 41 5.41 5.15 0.00 70.68
030240xx99xxxx ②扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 17 6.24 5.48 0.00 42.29
030250xx990xxx ③睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1なし 14 2.00 3.43 0.00 60.21
030428xxxxxxxx ④突発性難聴 12 8.33 9.18 0.00 70.08
030230xxxxxxxx ⑤扁桃、アデノイドの慢性疾患 11 8.64 8.01 0.00 21.09

①はめまい(メニエール病・良性発作性めまい)、②は扁桃周囲膿瘍・急性扁桃炎の内科的治療、③睡眠時無呼吸症候群のCPAP導入など、④は突発性難聴、⑤は慢性扁桃炎の手術症例を主に示しています。
耳鼻咽喉科は、その名のとおり、耳・鼻・咽頭・喉頭を扱う診療科で、内科的疾患も外科的疾患も担当します。この領域は、嗅覚・聴覚・平衡覚・味覚や呼吸・嚥下・発声という生命および生活の質を維持するために必須の機能と深い関連があります。

脳神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
010060x2990401 ①脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)
手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり
副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2
42 18.10 16.38 19.05 71.07
010060x2990201 ②脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)
手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり
副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2
17 16.76 16.51 29.41 75.53
040081xx99x00x ③誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 39.47 20.83 17.65 79.41
010060x2990411 ④脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)
手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり
副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2
16 15.69 18.34 12.50 71.13
010060x2990001 ⑤脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)
手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2
14 7.43 6.76 0.00 69.14

脳梗塞(脳卒中発症3日目以内かつJCS10未満・発症前Rankin Scale 0、1又は2)の症例が多く占め、
①はエダラボン投与あり、②はエダラボン投与なしでリハビリを中心とした治療、④はエダラボン投与ありで「肺炎・誤嚥性肺炎・尿路感染症」などを合併している場合、⑤エダラボン投与なしの症例を示しています。
脳血管障害超急性期の患者に対しては、脳神経外科と連携して適応のある患者にはrt-PA(アルテプラーゼ)による血栓溶解療法や引き続いての血管内治療を行っています。
③は誤嚥性肺炎の症例です。脳血管障害や神経系疾患があると、誤嚥を起こしやすくなります。
脳梗塞、髄膜炎、ギランバレー症候群などの急性期疾患のほか、パーキンソン病関連疾患、脊髄小脳変性症、筋委縮性側索硬化症、アルツハイマー型認知症などの慢性経過疾患などを担当しています。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
080011xx99xxxx ①急性膿皮症 手術なし 31 11.74 11.73 0.00 64.52
080020xxxxxxxx ②帯状疱疹 31 8.42 8.95 0.00 71.23
180060xx97xxxx ③その他の新生物 手術あり - - 6.45 - -
- - - - - - -
- - - - - - -

①は蜂窩織炎、②は帯状疱疹の症例を主に示しています。
入院の対象は、湿疹・蕁麻疹・乾癬・中毒疹(薬疹)を含む・紅斑類・熱傷・水疱症・糖尿病性壊疽・蜂窩織炎等の細菌感染症、帯状疱疹等のウイルス性感染症等です。
最近の傾向として糖尿病性壊疽をはじめとした複数科に関連する疾患が少なくなく、各科とも協力し総合入院の良さを活かすようにしています。
大部分は日帰り手術を実施していますが、大きな腫瘍・植皮が必要な症例・足底の手術などは入院を勧めています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
11012xxx020x0x ①上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等
手術・処置等1なし 副傷病なし
80 6.34 5.75 2.50 59.63
110070xx0200xx ②膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術
手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
50 6.24 7.31 2.00 72.62
110080xx01x0xx ③前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等
手術・処置等2なし
47 16.13 12.92 0.00 70.43
110200xx02xxxx ④前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 30 9.00 9.73 0.00 74.07
110070xx99x20x ⑤膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり
 副傷病なし
22 8.95 11.31 0.00 69.95

①は腎結石・尿管結石における経尿道的尿路結石除去術(レーザー)、②は膀胱癌における経尿道的手術、③は手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を用いた前立腺癌手術、④は前立腺肥大症における経尿道的手術、⑤は膀胱癌における化学療法の症例を示しています。
腹腔鏡手術を副腎腫瘍・癌、腎腫瘍・癌、上部尿路腫瘍・癌、前立腺癌、膀胱腫瘍・癌症例を中心に施行しています。
侵襲が大きな手術であっても、おおむね2~3週間程度の入院で治療が可能です。
低侵襲腹腔鏡・ロボット手術の件数が多いのに加えて結石内視鏡手術症例も豊富なのが特徴です。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040040xx9910xx ①肺の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし
68 2.99 3.59 0.00 69.88
040040xx99040x ②肺の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり
副傷病なし
50 17.24 11.99 0.00 70.86
040040xx9908xx ③肺の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり
25 17.16 11.75 0.00 70.80
040040xx9905xx ④肺の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり
21 22.90 18.99 0.00 70.81
030250xx990xxx ⑤睡眠時無呼吸
手術なし 手術・処置等1なし
20 2.10 3.43 0.00 58.65

上位4つは肺癌における検査・治療です。
①気管支鏡検査、②は化学療法、③はペメトレキセドナトリウム水和物投与(化学療法)、④はカルボプラチン+パクリタキセル投与(化学療法)の症例を示しています。
⑤は睡眠時無呼吸症候群におけるCPAP導入などの症例を示しています。
 肺癌術後化学療法が必要な症例や、肺癌術後再発・進行肺癌に対する診療を行っています。術後化学療法は、1コース目は必ず入院となりますが、その後は外来化学療法も可能であり、患者さんのライフスタイルに合わせた治療が可能です。術後再発や進行肺癌に対しては治療前より緩和ケア科と連携し、緩和ケアを行いながら、呼吸器外科・放射線科・病理診断科と密に連携しております。
睡眠時無呼吸症候群に対しては、毎日検査が可能ですので、患者さんのライフスタイルに合わせた精査が可能です。特にCPAP療法では、遠隔モニタリングの実績を持ち、アドヒアランスの向上に貢献しております。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050050xx99100x ①狭心症、慢性虚血性心疾患
手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし
副傷病なし
161 3.04 3.03 0.00 70.39
050050xx02000x ②狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等
手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし
副傷病なし
133 4.62 4.62 0.75 69.71
050050xx99200x ③狭心症、慢性虚血性心疾患 
手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし
副傷病なし
68 2.99 3.19 0.00 71.84
050130xx99000x ④心不全
手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
副傷病なし
65 22.60 17.71 4.62 83.77
050070xx01x0xx ⑤頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術
手術・処置等2なし
35 6.57 5.30 0.00 63.57

①は狭心症における心臓カテーテル検査、②は狭心症における経皮的冠動脈形成術・ステント留置術、③は狭心症における心臓カテーテル検査+血管内超音波検査等、④は心不全、⑤は不整脈における経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)の症例を示しています。
循環器内科の対象となる疾患は、心臓病(弁膜症や心筋症など様々な心不全、虚血性心疾患、不整脈)、血管病(抹消動脈疾患、静脈血栓症、肺塞栓)、高血圧、肺高血圧などです。
当院の特色は、狭心症・心筋梗塞治療の中心となる「冠動脈インターベンション治療(PCI)」を年間150~200症例行っています。
不整脈に対する「カテーテルアブレーション」も平成28年4月から開始し、現在ではほとんど毎週ペースに症例数が増加しています。
通常の入院期間は、心臓カテーテル検査においては2・3日(表中①,③)、経皮的冠動脈形成術とアブレーション治療においては4・5日程度(表中②,⑤)の入院です。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060340xx03x00x ①胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等
手術・処置等2なし 副傷病なし
68 10.04 10.61 2.94 75.44
060190xx99x0xx ②虚血性腸炎
手術なし 手術・処置等2なし
49 8.16 9.06 0.00 68.69
060102xx99xxxx ③穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患
手術なし
45 7.47 7.87 4.44 58.93
060035xx99x60x ④結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍
手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし
40 4.10 4.47 0.00 68.83
060100xx99xxxx ⑤小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)
手術なし
38 2.97 3.02 0.00 66.08

①は総胆管結石・胆管炎における内視鏡的治療、②は虚血性腸炎、③は結腸憩室炎、④は大腸癌におけるベバシズマブ投与(化学療法)、⑤は大腸ポリープの検査入院の症例を示しています。
本来、大腸ポリープにおける内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の症例数が最も多くなりますが、平成30年3月末まではDPC計算の対象外となっていたため、この表には入っておりません。(*診療科別手術件数をご覧下さい。)
それぞれの専門分野のエキスパートが切磋琢磨しながら、すべての消化器疾患をチーム全体で診療する体制をとっています。さらに紹介していただいた医療機関との緊密な連携のもと円滑な継続診療を目指しています。
また、消化管出血・急性胆管炎・急性膵炎をはじめとした消化器系救急疾患には、当院の救急外来や外科と密に連携して、24時間体制で対応しています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 - 10 59 54 38 1 7
大腸癌 - - - 95 121 25 1 7
乳癌 - 10 - - 34 28 1 7
肺癌 36 13 15 41 100 90 1 7
肝癌 - - - - 41 42 1 7
  • 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

UICC TNM分類とは、癌の進行度を示す分類法の一つです。
Tは原発腫瘍の広がり・Nは所属リンパ節転移の有無と広がり・Mは遠隔転移の有無を表します。
それぞれT0~T4・N0~N3・M0~M1と段階が分けられており、数字が大きいほど進行しています。

この表は、5大癌について初発患者のUICC TNM分類による患者数(UICC TNM分類の病期(Stage)マトリクスを基にStageⅠからⅣに分類)、および再発患者(再発部位によらない)の患者数を示しています。
 UICC病期分類が不明に分類されているものについては、検査入院や入院中に検査結果が出なかった、入院中の情報だけでは病期分類ができなかったことなどが考えられます。

 健診センターでの早期発見から、内視鏡および外科的手術治療、化学療法、放射線治療そして緩和ケアに至るまで、すべての領域のすべてのステージのがんに、一貫した密度の高いがん診療を提供しています。
手術では、患者さんの負担が少ない鏡視下手術を得意としており、内視鏡手術支援ロボット『ダ・ヴィンチ』による手術では多くの患者さんにその優れた成果を実感していただいています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 14 8.79 53.79
中等症 114 16.78 78.28
重症 37 18.24 83.73
超重症 - - -
不明 - - -

肺炎の重症度分類A-DROPスコアを用いて分類しています。
Age(年齢)…男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration(脱水)…BUN 21mg/dL以上または脱水あり
Respiration…SpO2‹=90%(PaO2 60Torr 以下)
Orientation(意識障害)…意識障害あり
Pressure(収縮期血圧)…収縮期血圧90 mmHg以下
(5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。)
軽症:0点の場合。
中等症:1~2点の場合。
重症:3点の場合。
超重症:4~5点の場合。ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする。
不明:重症度分類の各因子が1つでも不明な場合。

中等症の患者さんが最も多く、全体の約68%を占めます。
軽症の患者さんの平均年齢が53.79歳であるのに対し、中等症では78.28歳と高齢になり、
重症度が上がるにつれて平均年齢も上がり、平均在院日数も延びる傾向にあります。

市中肺炎とは、日常生活をしている人に発症した肺炎をいいます。
肺炎は罹患率が高く死亡率も高い、きわめて重要な疾患です。
かつて日本人の死因第1位だった肺炎は、戦後に抗生物質が登場すると死亡者数が急激に低下し、第4位になりました。
ところが1980年以降、再び増加しつつあります。特に高齢者の肺炎が増加しています。
高齢になるほど熱や咳・痰などの症状が出にくく、進行した状態で来院されることも多いです。
「元気がない」、「食欲がない」などの症状が現れた場合には、早めに受診をしましょう。

 

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 178 25.31 75.83 34.59
その他 - - - -

およそ96%とほとんどは発症日から3日以内の入院です。
平均年齢75.83歳と高齢の患者さんが多く、3~4割程度の患者さんは、リハビリ専門病院等に転院されることもあります。

脳卒中は日本人の死亡原因の上位であり、死亡は免れたとしても重い後遺症が残る可能性のある病気です。
脳卒中の治療は早ければ早いほど効果が上がります。脳卒中かもと思われたら、一刻も早く受診をしましょう。

近年、ますます増加の一途をたどる脳卒中に対して、脳神経外科・脳神経内科のスタッフを中心に、他部門と密に連携し診療に当たっています。
脳卒中の診療は、脳神経内科・脳神経外科・救急診療科・放射線科・リハビリテーション科と連携し、
急性期病棟での入院診療や大津市内の急性期病院・回復期リハビリ病院、療養型病院、大津市医師会、保健所との連携のもと脳卒中連携パスの運用を開始し、集中的かつ包括的なチーム診療に取り組んでいます。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K610-3 ①内シャント又は外シャント設置術 11 11.36 10.55 27.27 73.45
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -

循環器内科・心臓血管外科と連携し、血液透析を行う上で必要なシャントの設置を行っております。
腎不全が重症になると老廃物や水が体にたまってしまうため、血液透析を行い、1分間に約200mLもの大量の血液を体から透析器に取り出し、老廃物や余分な水分などを取り除いて再び体に戻します。ですが、大量の血液を持続的に取り出すことが難しいため、人工的な血液の取り出し口が必要になります。そこで「シャント」という血液が本来通るべき血管とは別のルートを人工的に作り、血液透析を行えるようにします。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K672-2 ①腹腔鏡下胆嚢摘出術 89 0.73 7.25 2.25 62.72
K634 ②腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 80 0.31 2.75 0.00 64.30
K718-21 ③腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 38 0.47 4.08 0.00 36.42
K719-3 ④腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 37 5.65 13.30 2.70 70.70
K7432 ⑤痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 28 0.00 1.25 0.00 65.36

①は胆嚢炎・胆嚢結石症・胆嚢ポリープ、②は鼠径ヘルニア(脱腸)、③は急性虫垂炎(盲腸)、④は大腸癌、⑤は内痔核(いぼ痔)に対し主に行われる手術です。
『キズの小さな腹腔鏡手術を積極的に取り入れています』
患者さんに痛みやダメージを最小限に抑える内視鏡手術をあらゆる領域で積極的導入しており、他院と比較しても内視鏡手術の比率は非常に高いものになっています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0461 ①骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 100

3.09

28.41 53.00 79.88
K0811 ②人工骨頭挿入術(肩、股) 53 4.32 26.38 75.47 85.32
K0462 ③骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 52 2.19 18.87 7.69 58.65
K0483 ④骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 43 1.05 2.60 0.00 57.56
K0821 ⑤人工関節置換術(肩、股、膝) 35 1.17 25.63 8.57 74.23

①②③は各部位における骨折、④は骨折観血的手術後のプレート・ボルト・ワイヤー等の骨折部分(体内)からの取り外し、⑤は変形性股関節症・膝関節症に対し主に行われる手術です。
外傷、関節外科、脊椎脊髄外科、手外科・末梢神経外科について、最新の治療法を積極的に取り入れています。また低侵襲手術を各領域に取り入れ、早期での社会復帰を目指して治療しています。
大腿骨近位部骨折の患者さんが最も多いですが、地域の高齢化に反映して大腿骨近位部骨折・橈骨遠位端骨折などの骨折が多くなっています。麻酔科の協力のもと当日緊急入院を含め、受傷後数日以内の臨時手術が可能です。術後は急性期リハビリテーションを提供し、早期復帰を支援しています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K1426 ①脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 55 4.00 21.75 20.00 69.04
K1423 ②脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 29 2.07 16.03 6.90 63.59
K1425 ③脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓切除) 29 2.14 16.17 3.45 67.38
K164-2 ④慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 25 0.56 10.12 16.00 77.16
K1421 ⑤脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定) 20 2.05 17.30 5.00 61.15

①②③⑤は脊柱管狭窄症・椎間板症、④は慢性硬膜下血腫に対し主に行われる手術です。
脊椎脊髄疾患を数多く治療していますが、最近では傷が小さくてすむ頚椎椎弓形成術や顕微鏡下の腰椎手術、さらに圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術ならびに変性側弯症に対する脊柱固定術により良好な成績を上げています。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K514-23 ①胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 39 2.49 5.74 0.00 69.85
K514-21 ②胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 33 2.55 3.88 0.00 72.39
K5132 ③胸腔鏡下肺切除術(その他) 17 2.53 5.12 0.00 59.35
K5131 ④胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 10 3.20 3.10 0.00 43.50
- - - - - - -

①②は肺癌・転移性肺癌、③は肺の良性腫瘍、④は気胸に対し主に行われる手術です。
肺癌は手術侵襲を少なく、治療効果は大きくなるような手術を心掛けています。ほぼ全例に胸腔鏡を使用し、通常4cm1ヶ所と1.5cm2ヶ所の皮膚切開のみで肺葉切除を行います。術後入院日数は4日を目標としています。肉体的労働の方以外は退院直後から、手術前とほぼ同様の社会生活が可能です。
気胸の術後入院日数は原則1日、悪性腫瘍の肺部分切除や良性疾患の術後入院日数は原則2日です。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K617-4 ①下肢静脈瘤血管内焼灼術 79 1.06 1.04 0.00 66.49
K5972 ②ペースメーカー移植術(経静脈電極) 24 2.63 7.25 0.00 77.54
K597-2 ③ペースメーカー交換術 14 1.00 5.64 0.00 72.93
- - - - - - -
- - - - - - -

①は下肢静脈瘤、②は房室ブロック・洞不全症候群、③はペースメーカー移植後の電池消耗などに対し主に行われる手術です。
人工心肺を用いない心拍動下冠動脈バイパス術(オフポンプ:OPCAB)、抗凝固療法を必要としない僧房弁形成術や小皮膚切開法による腹部大動脈瘤手術など低侵襲で最新の術式を積極的に導入しています。ペースメーカー植え込み術のほか下肢静脈瘤においては最新の低侵襲な血管内レーザー治療を導入しております。従来の静脈瘤抜去切除術に加え、日帰り手術として高位結紮と硬化療法での治療も行っています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K877-2 ①腹腔鏡下腟式子宮全摘術 59 1.00 5.31 0.00 45.95
K8882 ②子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 47 0.98 4.21 0.00 48.36
K872-3 ③子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術,子宮内膜ポリープ切除術 36 1.00 1.00 0.00 45.75
K867 ④子宮頸部(腟部)切除術 24 1.04 1.00 0.00 40.13
K879 ⑤子宮悪性腫瘍手術 16 1.06 16.75 0.00 58.44

①は子宮筋腫・子宮腺筋症、②は良性の卵巣腫瘍、③は子宮筋腫・子宮粘膜ポリープ、④は子宮頚部異形成・子宮頚上皮内がん、⑤は子宮頚がん・子宮体がんに対し主に行われる手術です。
婦人科疾患では、子宮筋腫や卵巣腫瘍、子宮内膜症などの良性腫瘍及び子宮外妊娠においては、女性に優しい医療を目指し、体への負担が少なく、整容面でも優れた内視鏡下手術(腹腔鏡下手術・子宮鏡下手術)を積極的に取り入れています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2821ロ ①水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 247 0.01 1.01 0.00 75.77
K279 ②硝子体切除術 - - - - -
K2191 ③眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
K224 ④翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
- - - - - - -

①は白内障に対し行われる手術です。
白内障の手術が圧倒的に多いですが、そのほか眼瞼手術、結膜手術などを中心に行っています。
早い人では40代から、80代では大部分の人で白内障が発見されます。白内障手術は日帰り手術もしくは入院(1泊2日)でなるべく患者さんのご希望に沿えるかたちで行っています。

耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K3772 ①口蓋扁桃手術(摘出) 15 0.93 7.00 0.00 22.13
K340-6 ②内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - - - - -
K319 ③鼓室形成手術 - - - - -
K347-5 ④内視鏡下鼻腔手術1型(下鼻甲介手術) - - - - -
K3892 ⑤喉頭・声帯ポリープ切除術
 (直接喉頭鏡又はファイバースコープによるもの)
- - - - -

①は慢性扁桃炎に対し行われる手術です。
副鼻腔手術など内視鏡を用いた手術も行っています。
嗅覚・聴覚・平衡覚・味覚や呼吸・嚥下・発声という生命および生活の質を維持する重要な機能を多く含む領域を扱うことから、治療においては根治性を損なわずにいかに機能を温存できるかが大きな問題となります。
常勤医の減少に伴い、手術症例に制限があり、ご迷惑をおかけしてます。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7811 ①経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 81 1.73 4.37 2.47 60.54
K783-2 ②経尿道的尿管ステント留置術 52 0.81 6.10 5.77 70.38
K843-4 ③腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 49 2.41 13.92 0.00 70.49
K8036イ ④膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 48 1.46 4.00 2.08 72.60
K8411 ⑤経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 29 1.90 6.93 0.00 74.52

①は腎結石症・尿管結石症、②は尿管狭窄・水腎症、③は前立腺癌、④は膀胱癌、⑤は前立腺肥大症に対し主に行われる手術です。
腹腔鏡手術を積極的に導入しており、前立腺癌については平成26年6月より「ロボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術」(表中③)を開始し、手術件数も増加傾向になっています。また、腎悪性腫瘍についても平成27年5月より「ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術」を開始しました。いずれも術後成績も良好です。
低侵襲腹腔鏡/ロボット手術の件数が多いのに加えて結石内視鏡手術症例数も豊富なのが特徴です。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K5493 ①経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 119 1.72 3.27 1.68 70.37
K5491 ②経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 22 0.05 17.00 0.00 64.05
K5951 ③経皮的カテーテル心筋焼灼術
 (心房中隔穿刺、心外膜アプローチ)
21 1.33 4.00 0.00 63.81
K616 ④四肢の血管拡張術・血栓除去術 20 1.80 12.75 5.00 73.05
K5492 ⑤経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 19 0.21 8.05 5.26 70.63

①②⑤は経皮的冠動脈ステント留置術で、①は急性心筋梗塞・不安定狭心症以外に、②は急性心筋梗塞、⑤は不安定狭心症に対して行った場合になります。
バルーンによる経皮的冠動脈形成術では良好な拡張が得られない病変、拡張後の急性冠閉塞、拡張後の再狭窄が問題となります。これらを補うため狭窄部をバルーンで拡張後、内腔側からステントで補強する方法が経皮的冠動脈ステント留置術です。冠動脈血行再建術においては大半が4・5日程度の入院です。
③は心房細動に対し主に行われる手術です。
経皮的に特殊なカテーテル(アブレーションカテーテル)を不整脈の原因となる場所に到達させ、カテーテルから高周波電流を流し心筋を焼灼して不整脈を根治する方法です。アブレーション治療においても5日程度の入院です。
④は下肢閉塞性動脈硬化症に対し主に行われる手術です。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7211 ①内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 476 0.12 1.76 0.00 66.58
K688 ②内視鏡的胆道ステント留置術 55 1.27 14.45 5.45 79.40
K6532 ③内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 34 1.88 8.62 0.00 74.65
K721-4 ④早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 31 1.19 7.13 0.00 71.32
K6152 ⑤血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)
(選択的動脈化学塞栓術)
30 3.83 9.10 0.00 70.87

①は大腸ポリープ、②は胆管炎・総胆管結石、③は早期胃癌、④は早期大腸癌、⑤は肝細胞癌などに対し主に行われる手術です。
大腸ポリープの内視鏡的切除は、治療当日入院で3日入院を標準としています。
平成27年9月より内視鏡システムを一新し最先端の機器を用いて診療にあたっています。
また最新の血管造影装置による肝疾患や消化管出血に対するIVR治療(放射線技術を使用した低侵襲血管内手術)を行っております。(表中⑤)

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 20 0.23
異なる 51 0.59
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 29 0.34
異なる 16 0.19

いずれも平成28年度より発生率は下がっています。

◆敗血症

肺炎や腎盂腎炎など感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす症候群です。
悪性腫瘍、血液疾患、糖尿病、肝・腎疾患、膠原病といった基礎疾患がある場合、あるいは未熟児、高齢者、手術後といった状態である場合が多いとされています。
入院契機と「同一」とはその病気を治療目的として入院した場合、入院契機と「異なる」とは併発していたか入院中に発症した場合などが考えられます。

◆手術・処置などの合併症

手術・処置後の合併症には細心の注意を払っておりますが、どうしても一定の割合では起こり得ます。
ただし、合併症といっても縫合不全や創部感染といったものだけではなく、この分類の中には人工関節ゆるみや透析シャント狭窄など長い時間の経過とともに起こってしまうものもあります。
入院契機と「同一」とは、手術・処置後後日入院となった場合、入院契機と「異なる」とは入院中に発症した場合などが考えられます。

 

〔ICD10別 主な内訳〕

 ※合計5件以下は省略

T810 処置に合併する出血及び血腫,他に分類されないもの(例:EMR等後出血)
入院契機と同一 2件(0.02%)、異なる 6件(0.07%)
T814 処置に続発する感染症,他に分類されないもの(例:術後腹腔内膿瘍、術後創部感染、カテーテル感染症)
入院契機と同一 9件(0.10%)、異なる 3件(0.03%)
T828 心臓及び血管のプロステーシス,挿入物及び移植片のその他の合併症(例:透析シャント狭窄)
入院契機と同一 6件(0.07%)

播種性血管内凝固症候群およびその他の真菌感染症については、患者数10件未満のため省略

更新履歴

2018/09/28 平成29年度DPCデータに基づく『病院指標の公表』アップしました。
  • 厚生労働省「病院情報の公表の集計条件等」に基づきDPCデータを集計し、公表しております。
  • 平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者で一般病棟に入院した患者が対象(一部対象外あり)
  • 患者数10件未満は“ - ”を表記しています。
  • 「診断群分類別患者数等」および「診療科別主要手術別患者数等」について
    集計上、上位の患者数が全て10件未満の診療科は表記しておりません。