看護局

専門・認定看護師

ご自宅で療養されている患者さん・ご家族を専門スタッフチームが支えます

専門看護師とは

専門看護師(CNS)とは、看護系大学の大学院博士前期課程を修了後、日本看護協会認定審査に合格し、複雑で解決困難な看護問題を持つ患者さん、ご家族及び集団に対して、水準の高い看護ケアを提供するため、特定の専門看護分野の知識及び技術を深めた看護のスペシャリストです。

がん看護専門看護師(緩和ケア認定看護師)杉江 礼子

がん看護専門看護師(緩和ケア認定看護師)杉江 礼子

私は、2011年12月にがん看護専門看護師の認定を受けました。がん看護専門看護師は、それぞれが専門分野(サブスペシャリティ)を持っており、私は緩和ケアを中心に携わっています。

現在緩和ケア病棟に所属し、緩和ケアチーム、がん相談などを含めて、患者さん・ご家族が穏やかに、その人らしく生活出来るように、様々な専門職の方と連携しながら対応しています。病気に伴う体やこころのつらさを抱えている時、可能な限りつらさを和らげ、その状況に向き合う方法を、患者さんやご家族、日々ケアにあたっている医療者の方と一緒に考え、お手伝いができればと思っています。

 

認定看護師とは

認定看護師(CN)とは、日本看護協会認定審査に合格し、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護が実践できる看護師です。

皮膚・排泄ケア認定看護師 大津 陽子

皮膚・排泄ケア認定看護師 大津 陽子

看護師自身が自律して患者さんのケアに取り組む先人(WOCN)に感銘を受けこの領域の認定看護師になりました。看護師のケアがそのまま結果として現れること、ケアを行った患者さんと一緒に喜べる事が、仕事のモチベーションにつながっています。

皮膚・排泄ケア認定看護師として、皮膚(創傷、褥瘡、スキントラブル等)や排泄(人工肛門・膀胱や失禁等)の問題を抱える患者さんに、根拠に根ざした知識と技術を提供し、入院中だけでなく退院後にも安心して過ごしていただけるよう、地域の訪問看護師さんや介護職の皆さんとも連携をとり支援させていただいております。

今後も専門領域の認定看護師として、患者さんにとって何が一番安心で安楽かを考え、寄り添いながら支援していきたいと思います。

皮膚・排泄ケア認定看護師 大坪 有紀子

皮膚・排泄ケア認定看護師 大坪 有紀子

2015年より皮膚・排泄ケア認定看護師として創傷ケア、ストーマケア、失禁ケアを専門に看護活動を行っています。病棟勤務をしながら、週1-2回の活動となります。

病棟では、専門領域のケアに関する指導や、患者さんのケアについて最適な方法を検討し、病棟看護師とともに実践しています。

病棟勤務と専門活動を行うことで、入院中~退院後まで患者さんの経過を追って関わらせていただくことができるため、提供したケアが良かったかどうか、患者さんがどのような場面でどのような問題を抱えているのか、私たちに求められる事は何かなど、患者さんから学ぶこともたくさんあります。近年、"病院から在宅へ"の動きもあるため、入院~退院まで継ぎ目のないケアを目指して、学びを還元しながら患者さんやご家族の生活がゆとりあるものとなるよう、尽力したいと思います。

皮膚・排泄ケア認定看護師 山崎 千恵子

当院で3人目の皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCN)となりました。

入職時から外科病棟で働き、特にストーマを有する患者さんの看護ケアを行う中で、患者さんの悩みや不安が解決できる力になればと思い、この分野の資格を取得しました。現在は病棟で勤務しながら、創傷やストーマ、失禁に関する問題を抱える患者さんのケアについて、専門的な知識や技術を活用して、質の高い看護ケアが提供できるよう努めています。

入院から退院まで、患者さんがその人らしく生活できるように支援していくことが私の務めだと思っています。先輩WOCNと力を合わせ、また他職種と連携をとりながら、患者さんの気持ちに寄り添った看護を実践していきたいと思います。

感染管理認定看護師 横谷 恵

感染管理認定看護師 横谷 恵

私は2006年に感染管理認定看護師の資格を取得し、感染管理室で専従の感染管理担当者として勤務しています。感染管理認定看護師の役割は、病院内において医療関連感染を発生させないことです。すべての職員が感染防止の知識を身につけ、実践できるよう、感染対策チームのメンバーと共に、組織横断的な活動を行っています。

感染管理認定看護師 松下 弘美

感染管理認定看護師 松下 弘美

2011年より二人目の感染管理認定看護師として、感染管理活動を実践しています。

感染管理認定看護師の役割は、患者さんと病院で働く職員を感染から守ることと考えます。患者さんが安心して質の高い治療や看護が受けられるように、また職員が安全に働くことができるように職員教育や病院環境を整えています。

今後も「医療関連感染の低減」を目指し、努力していきたいと思います。

がん化学療法看護認定看護師 奥野 あす香

がん化学療法看護認定看護師 奥野 あす香

私は2011年に、がん化学療法看護認定看護師として認定され、同年9月より外来にて勤務しています。がん化学療法分野では、新たな抗がん剤の開発や適応の拡大があり、従来の副作用に加え新たな副作用が出現するなど変化してきています。同時に、副作用に対する薬剤の開発も進み、より苦痛を緩和して治療が受けられるようになってきています。私は、治療に関する不安や副作用による苦痛を少しでも緩和し、安全・安楽に治療を受けられる環境を提供できるようにすることを心がけ、日々の看護を行っています。また、がん化学療法分野における質の向上のため、院内・外で研修の企画・運営や相談の対応をしています。

救急看護認定看護師 吉田 修

救急看護認定看護師 吉田 修

当院は大津市の中部地域にて救急告知病院としてER(Emergency Room;救急外来)を運営しています。初期治療を実施しながら診断を下し診療を専門各科に引き継ぐ「トリアージ型」で運営されており、専門各科の指導のもと専門性の高い治療が行なわれています。そのため重症患者さんから高齢者まで幅広い患者層の対応をしていかなければならない現状があります。目まぐるしく変化する高度先進医療と、複雑化する救急医療ニーズに対し、適切に対応できるよう救急救命技術の向上を目指し日々スタッフとともに質の高い看護の提供を目指しています。

救急看護の対象は、早期の全身管理が必要とされます。そのため、迅速な対応と根拠をもった看護の提供を行える集団作りを目指しています。また救急という非日常の緊迫した状況の中、患者さんやご家族にとって安心して心を許せるような存在になりたいと考えております。

また院内だけでなく、心肺蘇生術の普及や、DMAT(災害派遣医療チーム)として東日本大震災の医療班派遣にも参加させていただいた経験を、地域の災害対策に生かし、今後も災害医療の一翼を担っていきたいと考えております。

ALS・BLS研修

救急看護認定看護師 横田 耕治

救急看護認定看護師 横田 耕治

市立大津市民病院に搬送される患者さんは年々増加の傾向にあります。なかでも、ご高齢で合併症を伴い、様々な症状を呈している患者さんの受診が多くなっております。救急看護認定看護師は患者さんの病態を考え、重症感を評価し迅速で的確な救命技術を行えるように訓練された看護師です。

救急を受診される患者さんの症状は苦痛を伴い、場合によっては生命の危機状態に陥る可能性があります。救急で働く看護師がその危険なサインを捕らえ迅速に対応できるように、救急看護の質の向上を目指しております。また、待合室で待機していただいている患者さんや患者さんのご家族に対して、できる限りの苦痛緩和と精神的・社会的サポートが行えるように心がけています。

2014年度にはドクターカーの運用も開始されました。ドクターカーに同乗する看護師が現場で迅速に救急対応できるように指導・教育にも取り組んでおります。

糖尿病看護認定看護師 山下 亜希

糖尿病看護認定看護師 山下 亜希

糖尿病看護認定看護師の資格認定を2012年に受け、現在は外来部に所属し糖尿病療養相談外来の業務を専任で行っております。主な業務として、療養相談、フットケア、透析予防指導、インスリン(GLP-1)手技導入、SMBG手技導入を行っています。療養相談では、患者さんが希望する療養生活と治療行動のすり合わせを行い、患者さんの自己決定のもと療養行動に取り組めるよう支援を行っています。フットケアでは、足への関心の高まりをきっかけに療養行動全体への関心を高められるよう、また「足に傷を作らない、作らせない。」ための予防的フットケアの視点での指導を心がけています。

透析予防指導では、医師、管理栄養士と共に糖尿病チームの協働により早期に腎機能低下への介入を行い、腎不全→透析治療に至らないよう支援を行っています。

慢性疾患である糖尿病の看護において、患者さんを「糖尿病を抱え持つ生活者」として全人的に捉え、最新の知識と技術を用いて包括的視点で療養生活を支援することが求められています。そのような視点を養えるよう、糖尿病看護に関わる看護師の育成、能力・質の向上を目指した研修、勉強会の企画や運営を行っております。

訪問看護認定看護師 和田 幸子

訪問看護認定看護師 和田 幸子

私は、2012年に訪問看護認定看護師の認定を受けました。在宅で療養されている方々が安心して望む場所で療養できるよう、自ら高度な実践の質保証や活動の場の拡大に取り組み、看護の質の向上を図ること、多職種との連携やネットワークの構築を行う中で地域包括ケアシステムの推進にむけて日々活動しています。従来の病院完結型の医療から地域完結型の保健・医療・介護・福祉への転換が必須であり、その中で療養者の意思決定を支えながら看護を提供しています。

入院中「家に帰りたいといわれるが無理でしょう」と医療者サイドだけで結果を出してしまうのではなく、まずは訪問看護まで気楽にご相談ください。その方の生活史を重んじたかかわりができるように最善を尽くしたいと考えています。

今後の課題として、病院の外来看護師・病棟看護師と連携をとり療養者の「時々入院ほぼ在宅」が実現できるように努めていきます。独居や老々介護であっても、退院後その人らしく、望む在宅療養が安心かつ安楽に送ることができるよう支援いたします。

慢性心不全認定看護師 森野 智史

慢性心不全認定看護師 森野 智史

心不全とは、いろいろな心臓の病気が原因となって起きます。そのため「慢性心不全」と名前が付いていますが、心臓の病気を持つ方々全般を対象とさせていただいています。

心臓の病気を持つ方は、病気による症状と上手につきあっていくこと大切です。また安全に日常生活が送れるよう支援を行っていくことが医療者の役割になります。そのため患者さんに対し看護師だけではなく、病院内の様々な専門職と連携を行うチームとしての医療が重要であると考えています。

患者さん・ご家族と療養生活について話し合い、一緒に考え、その方に合った療養生活について医療スタッフと協力しながら手助けを行っています。
入院中の方に対して心臓の病気による症状のコントロールや退院に向けた支援を行い、心臓リハビリテーションに通院されている方にはリハビリの場での療養生活の相談などを行っています。
よろしくお願いいたします。

認知症看護認定看護師 石原 菜緒子

認知症看護認定看護師 石原 菜緒子

2025年には65歳以上の5人に1人は認知症になると予測されており、年々、認知症を有して他疾患の治療のために入院される患者様が多くなってきています。認知症を持つ患者様にとって、急激な環境な変化や治療による身体・心理的苦痛などは多大なストレスとなり、混乱や不安を招いてしまうことがあります。

当院では2016年12月より「認知症・せん妄ケアチーム」が発足しました。医師や薬剤師、社会福祉師、作業療法士など、多職種で入院早期から認知症を持つ患者様と関わり、認知症の症状の悪化を防ぎ、身体疾患の治療を円滑に受けて頂けるように関わっています。私は、認知症ケアチームの一員として、患者様の「想い」に寄り添い、安心して穏やかな気持ちで療養できることを第一に考えながら日々看護実践を行っています。

認知症看護認定看護師 和田 みどり

認知症看護認定看護師 和田 みどり

当院には2名の認知症看護認定看護師が在籍しております。

私は主に病棟スタッフに対して、認知症を有している患者さまに対する関わりやケア方法の提案・指導と、認知症・せん妄ケアチームとの連携促進など教育的役割を担っています。

急性期病院における認知症看護の実践は難しいことも多くありますが、その過程で、意外な展開や気づき、気持ちのふれあいがあり、そこが認知症看護の醍醐味でもあると思っています。病棟スタッフとともに、認知症看護の楽しさを実感しながら、病院全体の認知症看護の質の向上を目指しています。地域の中核的な急性期病院として、認知症であっても必要な医療を受け、住み慣れた地域で自分らしい生活を継続できるよう「認知症の人が安心して治療を受けられる病院」を目標に、今後も取り組んでいきたいと思います。