看護局

先輩からのメッセージ

大学実習から就職 助産師1年目

県立大学実習から就職 助産師1年目私が助産師を目指したきっかけは、昔から好きな子供や赤ちゃんと関われる仕事がしたいという思いと、お産という人生のスタート地点に関わることのできる職業に魅力を感じたためです。実際に新生児はかわいく癒やされます。しかしそれと共に、自ら訴えることのできない新生児へのケアの難しさも実感しています。また、お産は一人ひとり異なる経過で、様々な家族・社会背景があります。妊娠時・分娩時・産後の、母児の安全を管理していく能力と、家庭に戻られてからの生活を見据えて支援していくことのできる能力が必要になると感じています。学生時代に当院での実習を通して、助産師外来や院内助産システムを学んだことで、より助産師の継続的なケアの重要性に気づくことができ、入職後のケアにつながっていると思います。
責任の重い職業なので不安に感じることも多いですが、患者さんからの言葉や、温かく見守りアドバイスをくださる先輩方のおかげで、日々学び充実して仕事をすることができています。まだまだ未熟ですが、いつも笑顔で患者さんの思いに寄り添い、入院中の関わりだけでなく退院後の育児・生活も見据えてケアができる助産師になりたいと思います。

ママさんナース 外来

ママさんナース 外来私は出産後、育児短時間勤務制度を活用し職場復帰しました。子どもの急な発熱など大変な時もありますが、この制度利用により時間的に余裕を持て、また家族の協力や病院スタッフの理解があり仕事を続けられています。
現在では化学療法部や放射線治療棟といった、がん患者さんを対象とした部署で勤務をしています。心身共に苦痛のある患者さんに対して看護師としての責任を果たす役割は大きく、その分やりがいがあると考えています。 日々の看護の中で、私は常に患者さんの表情の変化や思いを大切にし、おひとりおひとりに寄り添った看護を行うよう心がけています。
色々な葛藤がありますが、ここで働けることを幸せに思います。自分に合った働き方で学びを深めスキルアップしていきたいです。

新人看護師 1年目 手術室

新人看護師 1年目 手術室手術室に配属が決まった時、私でやっていけるのかという不安や恐怖心がありましたが、先輩方がアットホームに迎えてくださり、また、丁寧に優しく教えてくださるお陰で安心して日々働かせてもらっています。手術室という特殊な環境の中で焦ったり、慌ててしまい先輩方のように迅速に動けず落ち込むこともありますが、先輩の動きを見たり、落ち着いてから行動したり、「今日一日これだけはする」といった小さな目標を持って毎日過ごすように頑張っています。手術の器械や術式を覚えることは大変ですが、その都度、医師や先輩方から分からないところを教えてもらっています。


新人看護師 1年目 手術室麻酔がかかると患者さんは意識がなくなり異常を言葉で訴えることができないため、看護師が代弁者となって全身状態を観察し身体的なケアを行う事が必要です。また、患者さんと関わる時間は短いですが、患者さんにとって一番辛くて頑張らなくてはいけない場面なので限られた時間の中で患者さんの思いをくみとり精神的なケアも大切にしています。医療チームで協力し、安全に手術を終えたときは達成感があり、麻酔から覚めた患者さんから「ありがとう」と言っていただいた時がとても嬉しいです。手術室では多くの看護が必要とされており、とてもやりがいのある仕事だなと実感しています。今後様々な経験を積んで、冷静に判断する能力を習得し、患者さんに温かい関わりができる手術室看護師になりたいです。

男性看護師

男性看護師編中学生時代、突然の入院生活で不安だらけの毎日でした。そんな時声をかけてくださったのが看護師さんでした。看護師さんがそばに寄り添い、声をかけてくださったことで初めての入院、初めての手術に臨むことができ、安心して入院生活を過ごすことができました。この入院をきっかけに看護師という仕事に触れ目指すようになりました。
入職後は内科の混合病棟に配属され、化学療法目的に入院される患者さまが多くおられました。振り返れば、多くの患者さまと出会い、多くの看取り体験をしてきました。看護師とは人が最も病める時に出会う職業であり、その人の人生の最期の「はじめまして」になり得る可能性のある職業です。看護師1年目の時に受け持った患者さまは、長い経過を経て「ありがとうな」という言葉を残し旅立たれていきました。エンゼルケアをさせていただいた時、涙が止まらなかったことを覚えています。自分が行った看護がその人にとって正しかったのかどうか確認することはできません。だからこそ看護師として人の人生の最後に寄り添うことの意味、寄り添えることの意味を、次に出会うであろう「はじめまして」のために自問自答しながら進んできました。患者さまと関わる中で、患者様の言葉にならない声に気がつける看護師でありたい。そんな思いで、日々寄り添う看護を実践しています。

中堅看護師 緩和ケア病棟勤務

中堅看護師 緩和ケア病棟勤務緩和ケア病棟へ異動して3年目になります。以前より「患者さんに安心を提供できるような看護師でありたい」と思っていました。緩和ケア看護師の役割は、がんなどの病気に対して患者さんやご家族のためにさまざまな苦痛をやわらげ、患者さんのみならずご家族に寄り添い、その人らしい快適な生活を送れるように援助することです。
最初の頃は、患者さんの話を傾聴する事しかできませんでした。しかし、業務する中で今後の治療や療養について患者家族と医療従事者が話しあう「意思決定支援」について学び、人生の最期をどのように過ごされたいのかを考えながら関われるようになってきました。「痛みや苦痛は最小限にしてほしい」「食べたい」「歩きたい」「自分のことは自分でしたい」など患者さんやご家族の思いを最期まで尊重した関わりを医師や看護師、他職種と連携し実践しています。そのような関わりの中で少しでも思いに添えた時は嬉しく思いますし、日々の関わりの中で患者さんやご家族の笑顔を見られることでやりがいも感じています。これからも患者さんと触れ合うこと、寄り添うことを大切に質の高い生活を提供できるよう学んでいきたいと思っています。

中堅看護師 6年目

入職6年目(中堅)卒後1年目から内分泌内科・血液内科・呼吸器内科の病棟に配属となり今年で6年目になります。8A病棟には化学療法のために入院される患者さんが多く、日々やりがいをもって働いています。先輩方は皆さん優しく、困った時はすぐに相談でき、私も後輩が増えてくるなかで、先輩方のように的確な助言が行えるようになりたいと思うようになりました。
看護師5年目の時に上司の薦めで学会認定輸血看護師の資格を取得しました。病棟では輸血製剤を取り扱うことが多く、自分自身のスキルアップのために取得しましたが、そこから同時に資格を取得した先輩や輸血認定臨床検査技師、医師からなる輸血チームの立ち上げに参加することになりました。現在はチームの一員として活動を行っています。チームのみなさんに支えていただき院内で輸血に関する研修で講義をしたり、初めて学会で発表するなど、たくさんの経験をさせて頂きました。まだまだ、新たな課題を発見中です。
大変なことはたくさんありますが、患者さんの「ありがとう」という言葉に救われたり、先輩・同期・後輩に助けてもらって日々働くことができています。まわりの方に感謝をして、患者さんに寄り添う看護を行っていきたいです。