看護局

先輩からのメッセージ

新人看護師

新人看護師私は幼い頃に入院した経験がありますが、とても楽しく入院生活を送ることが出来た記憶があります。看護師さんが治療中、声をかけ続けてくださり治療や入院に対する恐怖心なく過ごすことができました。その経験から、人を助ける看護師という職業に強い憧れをもち、将来は看護師になろうと決意しました。
就職先を考えているときにいろいろな病院のインターンシップに行きました。市立大津市民病院で、会話だけでなく表情や行動から患者さんの想いに気づき、患者さんと同じ目線に立ち、患者さんを支えている看護師さんと出会いました。市立大津市民病院の看護師さんの患者さんに対する関わり方をみて、私もここで働き、先輩の姿から看護師としてのあり方を学び、患者さんとご家族が安心できる声かけや環境を作れるようになりたいと思いました。


新人看護師現在、ICUに配属となり働いています。先輩方は優しくフォローしてくださり、とても恵まれた環境で勉強しながら働くことができています。ICUでは幅広い分野の疾患といろいろな処置、たくさんの精密機器を使用した治療が行われています。覚えることも多く、毎日が勉強です。命と向き合う現場だからこそ不安や恐怖心もあります。そのなかで目の前にいる患者さんを助けたい、支えていきたいという想いを大切に、知識・看護技術を身につけ私が目指す「患者さんの想いに気づき、支える看護師」になれるようこれからもがんばっていきたいと思います。

3年目看護師 循環器内科・心臓血管外科・腎臓内科・呼吸器外科病棟勤務

3年目看護師元々、医療職への憧れがあり、人と関わる事も好きだったため、看護師となる道を選びました。滋賀県という地元で働く安心感と、大津市民病院で働く看護師さんたちの優しい雰囲気を見て、大津市民病院への就職を志望しました。就職活動中に、私の祖母が大津市民病院の緩和ケア病棟に入院し、患者の家族としてみた時の印象がとても良かったのが決め手となりました。
市民病院は地域に密着しており、在宅療養から急性期、終末期に至るまで幅広く患者様・ご家族様と関わる事が出来るのが強みです。入院中から退院を見据えた関わりができることに魅力を感じています。また、大津市民病院で働くスタッフは新人からベテランまで年齢層が幅広く、先輩方の看護が学びやすい環境にあります。アドバイスを求める機会を多くもつことが出来、新人としての教育を受ける場において、市立大津市民病院を志望したのは良い選択だったと今も考えています。また、先輩方と一緒に働く中で、それぞれが、救急・栄養・退院支援・褥瘡処置など活躍できる看護の分野をもっておられるのを日々傍で見ることができ、私も経験や学習を重ねながら、自分が自信を持って活躍できるような分野を見つけていきたいと感じています。そのためにも、今は先輩の看護から多くのことを吸収していくのが今の課題と考えています。

男性看護師 特定看護師 集中治療部

男性看護師2019年4月より市立大津市民病院の看護師として勤務させていただいています。私が看護師を目指すきっかけとなったのは、同じ看護師として働く母の姿に強く影響を受けたからです。幼い頃は、母が夜勤のときは夜ご飯が一緒に食べられないこと、週末も勤務で一緒に過ごせないことに寂しさを感じ、看護師という職業にはネガティブな印象を持っていました。小学校の頃、私は母の努める病院に入院したことがあり、そのとき病を抱えた患者さんに優しく接する母の姿を見て、看護師という職が素晴らしいと感じるようになりました。


男性看護師以前勤務していた病院では病棟、救命センター、手術センターで主に急性期看護と特定行為について学んでまいりました。当院を選んだのは、以前お世話になった先輩看護師から市立大津市民病院を紹介していただいたことがきっかけです。他職種が密に連携し、質の高い医療を提供できる素晴らしい環境と看護師の専門性の高さに惹かれ、自分自身を成長させたいと強く感じ転職を決意しました。現在ICUという新たなフィールドで日々学びを深めています。ここには医師、看護師、コ・メディカルが患者さんについて気兼ねなくディスカッションできる環境があります。そして互いに刺激し合える同志がいます。
市立大津市民病院で看護の持つ可能性・専門性を追求してみませんか。

中堅看護師 9年目 消化器内科・泌尿器科・皮膚科病棟勤務

中堅看護師卒後1年目より市立大津市民病院で働き、今年で9年目になります。市立大津市民病院は地域に密着した急性期病院であり、少しでも地域に貢献したいと思い入職しました。
卒後1年目で配属された集中治療室では、生命の危機的状態にある患者さんの看護を学びました。その経験を活かし、現在は消化器内科・泌尿器科・皮膚科の混合病棟で働き3年目になります。現在働く病棟は周手術期から終末期まで幅広い患者さんが入院しておられ、看護ケアや処置も多岐に渡ります。日々の忙しい業務の中で、患者さんやそのご家族様の思いに寄り添った看護を提供することに困難さや葛藤を感じることもあります。特に終末期の患者さんとの関わりでは、最期の時をどのように過ごしたいのか、患者さんやご家族様の意思決定を尊重し、支援することが必要となります。最期のときまでその人らしく過ごせるお手伝いができればと思い日々看護しています。


中堅看護師また、現在は後輩看護師へ指導的立場で関わる機会も多くなり、自ら学んだ看護を振り返るきっかけになっています。スタッフ間のコミュニケーションを大切にし、中堅看護師としてチーム内の橋渡し的存在となれるよう心がけています。

ママさんナース 病棟勤務

ママさんナース私は1年4ヶ月の育休を取得後、育児短時間勤務制度を活用して復帰しました。市立大津市民病院では、育児短時間勤務や部分休業といった制度があり、自らのライフスタイルに合わせて働く時間を選択することができます。私は育児短時間制度を利用することにより、時間的、精神的に少しゆとりを持って働くことができています。一般病棟に勤務しているため夜勤も入っているので、家族の協力が不可欠です。まだ子供が小さく、体調を崩すことも多々あります。そのような中での仕事と子育てとの両立に葛藤することもありますが、気にかけてくれる上司や同僚がいてくれますし、患者さんの笑顔や言葉に救われることもたくさんあります。看護師を続けていて良かったと思うことのほうが多く、子育てしながらも働きやすい制度がある市立大津市民病院で働くことができて良かったと実感しています。


ママさんナース仕事、家事、育児のバランスをとりながら両立させていくことが私の目標です。今後も周りのサポートを借りながら、働くママとしていきいきと仕事を続けたいと思っています。

主査看護師 小児科・耳鼻科・脳神経内科病棟勤務

主査看護師入職時より病棟の夜勤交代勤務を続けています。現在は混合病棟で働いていますが、急性期から回復期、小児から老年までと看護を実践する範囲はとても幅広いものです。麻痺や認知症がある方も多いですが、安全を考えながら、なるべく患者さん自身でできることを、傍で見守り援助するようにしており、待つ姿勢・気づく視点を大事にしながら日々患者さんと向き合っています。また入院において不安を抱えている患者さん・患児さん・ご家族様に対し、足を止め、耳と心を傾け、少しでも苦痛が軽減し穏やかに入院生活が送れるよう手助けができればと心掛けています。その中で医療や職場環境の変化、自身のライフスタイルに迷うことや悩むこともありますが、そんな時はスタッフにいつも助けられ、明るい雰囲気・良好な関係性の中で、同じ方向を向き協力して看護が実践できています。そのため、より良い看護が提供でき、結果として患者さんに喜んで頂き、また回復を目の当たりにすることで看護の楽しさや喜びを感じ、自身のやりがいに繋がっています。
毎日業務や時間に追われる日々ですが、そんな中でも患者さんや家族の思いに寄り添った看護は何年看護師をしていても、やはり一番大事にしたいことです。今ある状況への対応はもちろん、目の前の状況だけではなく患者さんのこれからを見据えた看護が提供できる看護師でありたいと思います。また、自分もスタッフも、日々の看護が楽しく充実したものになるよう、周囲の人と協力しながら業務に携わっていきたいと考えています。