看護局

血液浄化部

血液浄化部は、1999年4月より本館4階で血液浄化業務を開始し、年間8500件程度の血液透析や白血球除去療法、血漿交換などの特殊血液浄化療法を行っております。

月水金は朝と夜間の2クール、火木土は、朝からの1クールで血液透析を実施しています。

血液浄化部では、外来通院し血液透析を受けられている患者さんのほか、近隣の病院やクリニックから手術や検査を受けるため入院された患者さんの血液透析も受け入れています。

血液浄化部は、専任医師が常駐し、看護師や医療機器の操作や保守点検の知識・技術を備えた臨床工学技士、保険制度などに精通した医療事務と協働し、安心、安楽、安全な血液透析を受けて頂いていただけるようチーム医療を展開しています。

一旦、血液透析療法が開始されれば、正月やお盆、祝日に関係なく、1回4時間程度一週間に3回、決められた日に血液透析を行わなければなりません。

そのため、血液透析の導入時より、血液透析を受けながらよりよい生活を送って頂くために社会支援サービス等の利用相談の他、治療に対する疑問や不安、日常生活における注意点や自己管理の方法などに対応しております。また、腎臓・透析学会での発表や各種研修会への参加を通して知識・技術の向上に日頃より努めております。

血液浄化部

血液浄化部(診療局)のページはこちら