看護局

8B病棟

8B病棟は、消化器内科・泌尿器科・皮膚科の混合病棟です。

急性期病棟で検査・周術期・化学療法・放射線治療・緩和における看護を提供しており、医師、薬剤、歯科衛生士、理学療法士、緩和ケアチーム・ソーシャルワーカーなどと、其々の専門性を活かしたチーム医療を展開しています。

消化器内科の検査・治療では内視鏡センターと協働して計画的な医療・看護に取り組んでいます。

周術期の看護では手術後、全身状態の観察を行い異常の早期発見に努め呼吸状態、循環動態の観察と手術後一時的に日常生活動作の低下が予測されるため、更衣、移乗等についてそれぞれの患者さんの状況に合わせた看護を提供しています。また、ロボット支援手術による先進医療も提供しています。

化学療法では治療の副作用の観察と薬剤指導を行い症状出現時による苦痛への緩和を支援しています。

新たに放射線治療が開始となり、スタッフ一同患者さん一人一人の医療に合わせた医療・看護が提供できるよう努めています。

8B病棟

8B病棟