看護局

8A病棟

8A病棟は、呼吸器内科・血液内科・内分泌内科・眼科からなる混合病棟でクリーンルーム1床を有します。主な疾患は、肺がん・慢性呼吸器疾患・白血病・悪性リンパ腫・糖尿病・白内障などです。

治療は、がん化学療法や、放射線療法・輸血療法・造血幹細胞移植・糖尿病教育指導・白内障周手術期管理を行っています。

化学療法による副作用やがんに伴う症状緩和や退院後もその人らしい生活が送れるように、医師・看護師・薬剤師・歯科衛生士・理学療法士・緩和ケアチーム・ソーシャルワーカーなどと、其々の専門性を活かしたチーム医療を展開しています。患者さま一人ひとりの意向を尊重し、安心できる安全な看護の提供に努めています。また、繰り返す治療の中では、常に患者さまとご家族の想いに寄り添える看護が行えるよう多職種とのカンファレンスを行い支援しています。