入札・契約情報

【公募型プロポーザル方式】市立大津市民病院研修実施業務について

公募型プロポーザル方式による業者選定実施告示

 

  市立大津市民病院研修実施業務について、公募型プロポーザル方式により業者の選定を行うので、次のとおり告示する。

 

 令和2年10月26日

 

地方独立行政法人市立大津市民病院 副理事長 若林 直樹

 

1 業務の概要

  1. 業務名 市立大津市民病院研修実施業務
  2. 業務の目的 昨今、人材育成に対する研修が重要視されている中、市立大津市民病院においては、平成29年4月に地方独立行政法人化後、現在まで、全職員および各職階に応じた研修体系化の構築が図れていない。本業務は、全職員を対象とした職員研修体系の構築を図り、病院理念である「信頼の絆でつながる、市民とともに歩む健康・医療拠点」の実現に向けて、職員一人ひとりが高い人間力の向上および幅広い教養と社会性を身に付けられるよう、「職階別研修」・「スキル別研修」・「必須研修」の3つの各種研修プログラムを実施し、人材育成に努めることを目的とする。
  3. 業務内容 仕様書のとおり
  4. 業務期間 契約締結日から令和6年3月31日まで

 

2 参加資格

前項の業務に係る公募型プロポーザル(以下プロポーザルという。)に参加することができる者は、次に掲げる要件を全てに該当する者とする。

  1. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4に規定する者に該当しない者であること。
  2. 市町村税、法人税、消費税及び地方消費税を滞納していない者であること。
  3. 会社更生法(平成14年法律第154号)に基づく更生手続開始の申立てがされている者(更生手続開始の決定を受けている者を除く。)又は民事再生法(平成11年法律第225号)に基づく再生手続開始の申立てがされている者(再生手続開始の決定を受けている者を除く。)でないこと。
  4. 次のアからカまでのいずれの場合にも該当しないこと。                                                         ア 役員等(個人である場合にはその者を、法人である場合にはその全ての役員をいう。以下同じ。)が暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3  年法律第77号。以下「法」という。)第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)であると認められるとき。                                                        イ 暴力団(法第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)又は暴力団員が経営に実質的に関与していると認められるとき。    ウ 役員等が自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用するなどしたと認められるとき。                                                   エ 役員等が、暴力団又は暴力団員に対して資金等を供給し、又は便宜を供与するなど、直接的又は積極的に、暴力団の維持又は運営に協力  し、又は関与していると認められるとき。                                            オ 役員等が、暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有していると認められるとき。                     カ 営業活動に係る必要な契約の締結に当たり、その相手方がアからオまでのいずれかに該当することを知りながら、当該相手方と契約を締結したと認められるとき。
  5. 過去3年以内に200床以上の規模の病院(官民不問)において、市立大津市民病院研修実施業務仕様書と類似する研修業務を3件以上履行した実績を有するもの。

 

3 選考方法

前項の参加資格を満たしているプロポーザル参加者について、次のとおり書面審査及びプレゼンテーションの審査を行い、その内容を市立大津市民病院研修実施業務プロポーザル審査委員会において評価し、受託候補者の選定を行う。また、審査対象者が5者以上の場合は、別途、書面審査を行う。

 

 〈書面審査〉※審査対象者が5者以上の場合のみ実施する。

  1. 企画提案書の書面審査   組織評価、運営評価、価格評価の3項目について審査を行う。
  2. 結果通知日        令和2年11月16日(月) 予定
  3. 企画提案書の作成方法等  別紙「企画提案書及びプレゼンテーション映像にかかる作成要項」のとおりとする。

 

〈一次審査〉

企画提案書の書面審査及び撮影されたプレゼンテーションの審査を行う。

  1. 審査方法等                                                          ・プレゼンテーションは、事前に撮影し提出されたものを審査する。                                                     ・審査は、プロポーザル審査委員のみで行う。(参加事業者の出席は不要。)
  2. プレゼンテーションの撮影方法等                                                 ・映像内容は、企画提案書の内容に合致すること。                                          ・撮影時間は、20分以内とする。(うち、講義風景の映像を10分以内で含めること。)と。                                                                                               ・その他詳細は、別紙「企画提案書及びプレゼンテーション映像にかかる作成要項」のとおりとする。

〈二次審査〉

当院にて、対面の方法で実施する。

  1. 審査方法等

      ・提案についての最終PR審査及び質疑応答を行う。

      ・最終PRは、3分以内とする。質疑応答は、15分以内とする。

      ・最終PRは、企画提案書の内容と合致するものとし、本業務に従事するものが行うこと。

      ・当日の追加資料は認めない。

  2.実施日 令和2年11月25日(水)                                                           

      ・開始時間等、詳細については、別途通知する。

 

4 参加申込の手続

プロポーザルへの参加を希望する事業者は、本実施要領、仕様書及び市立大津市民病院契約規程等の各規程を理解した上で、次のとおり書類を提出すること。

なお、大津市に入札参加申請書を提出している場合は、下記ケからスに掲げる書類の提出を省略することができる。

  1. 提出書類                                                                             ア 参加申込書【様式1】                       1部                                                 イ 誓約書【様式2】                         1部                                        ウ 会社概要【様式3】及びパンフレット等               1部                                        エ 研修受託実績調書【様式4】                    1部                                                 オ 企画提案書                     正本1部、副本9部                                         カ プレゼンテーション映像を撮影した光ディスク(CD-R等)    10枚                                             キ 見積書(様式は問わない。)                     1部  ※見積額及びその内訳については、当該業務に係る事業費を年度ごとに、研修項目別に区分して積算し記載したうえで、総額の見積額を記載すること。消費税額及び地方消費税相当額を含む価格及び積算内訳を記載すること。                                                                      ク 審査基準対照表(様式は問わない。)               10部                                          ※本要領に示された審査基準ごとに、企画提案書における記載箇所及び提案内容や提案者の強みなど企画提案書に記載されている事項をまとめた対照表を作成すること。                                                                        ケ 市町村税(本店所在地分及び大津市分(支店、営業所等が大津市に存する場合に限る)、消費税及び地方消費税の納税証明書(滞納が無いことを確認できるもの))                                                            各1部(写し可)                                    コ 履歴事項全部証明書(写し可)又は身分証明書(個人の場合)の写し  1部                                             サ 印鑑証明                                1部                                          シ 役員名簿(氏名、ふりがな、性別、生年月日が記載されているもの)  1部                                           ス 委任状【様式5】                         1部                                           ※本社から営業所等へ入札、契約等の権限を委任する場合のみ提出すること。
  2. 提出期限 令和2年11月9日(月)17時まで(必着)
  3. 提出方法 持参又は簡易書留による郵送に限る。                                                        ※郵送の場合は、提出期限までに到着したものに限り受け付ける。郵便事故等については、提出者のリスク負担とする。
  4. 提出先 〒520-0804 大津市本宮二丁目9番9号 地方独立行政法人市立大津市民病院 法人事務局施設契約課 契約係(管理棟1階)
  5. 企画提案書及びプレゼンテーション映像の作成方法 別紙「企画提案書及びプレンゼンテーション映像にかかる作成要項」のとおり

 

5 質疑・応答

実施要領等についての質問を次のとおり受け付け、当院ホームページにおいて回答する。

なお、メール送信後は、提出した旨を必ず電話にて連絡すること。電話又は口頭、FAX、郵送による質問や、受付期間を過ぎた質問は受け付けない。

  1. 提出期限  令和2年10月30日(金)17時まで(必着)
  2. 提出様式  質問票【様式6】
  3. 提出方法  質問票【様式6】を、電子メールにて提出 (メール件名の冒頭を「【プロポーザル質問(会社名)】」とすること。)
  4. 提出先   市立大津市民病院法人事務局総務課(担当:山元、冨江) 電子メール:och1020@och.or.jp
  5. 回答方法  令和2年11月4日(水)(予定)に、当院ホームページにおいて掲載する。

 

6 その他

    1. 言語及び通貨単位 手続において使用する言語及び通貨単位は、日本語及び日本国通貨に限る。
    2. 費用負担 書類作成及び提出に係る費用など、必要な経費は全て参加事業者の負担とする。緊急やむを得ない理由等により、本プロポーザルを実施することができないと認めるときは、停止、中止又は取り消すことがある。なお、この場合において本プロポーザルに要した費用を当院に請求することはできない。
    3. 参加辞退の場 表明書の提出後又は企画提案書の提出後、都合により参加を辞退することになった場合は、速やかに書面(様式7)により、市立大津市民病院法人事務局施設契約課宛て提出すること。
    4. 失格事項 次のいずれかに該当した場合は、その者を失格とする。                                        ア 参加資格要件を満たしていない場合                                                      イ 提出書類に虚偽の記載があった場合                                                         ウ 実施要領等で示された、提出期日、提出場所、提出方法、書類作成上の留意事項等の条件に適合しない書類の提出があった場合              エ 選定結果に影響を与えるような不誠実な行為を行った場合                                                 オ 説明会又はヒアリングを開催した場合において、正当な理由なく欠席した場合                                      カ 見積書の金額が実施要領で定める予算額を超過した場合
    5. 著作権等の権利 企画提案書等の著作権は、当該企画提案書等を作成した者に帰属するものするただし、受託先に選定された者が作成した企画提案書等の書類については、当院が必要と認める場合には、当院は、受託先にあらかじめ通知することによりその一部又は全部を無償で使用(複製、転記又は転写をいう。)することができる。
    6. 参加事業者は、本プロポーザルの実施後、不知又は内容の不明を理由として、異議を申し立てることはできない。
    7. 本件に係る契約は、令和3年度当初予算の議決を要することから、当該予算が成立することを条件とする。(但し、令和2年度に実施する業務は除く。)
    8. 企画提案書及びプレゼンテーションにおいて提案されたものは、追加費用なく確実に提案内容を実行すること。
    9. 契約書解釈に疑義が生じた場合又は契約書に定めのない事項が生じた場合には、当院、契約先等は誠意をもって協議するものとする。

 

7 契約の締結

当院は、選定した候補者と事業の実施などに関する細目的事項について協議のうえ、別途、見積書を徴収し、契約を締結する。

 

8 予算不成立の場合の無効

この業務に係る契約は、令和3年度当初予算の議決を要することから、当該予算が成立することを条件とする。よって、当該予算が成立しないときは、この告示による手続きは無効とする。但し、令和2年度に実施する業務は、別途契約する。

 

9 その他の留意事項

  詳細は、実施要領、仕様書等による。

 

10 問合せ先

   地方独立行政法人市立大津市民病院 法人事務局総務課(担当:山元、冨江)

   〒520-0804 大津市本宮二丁目9番9号

   電話077-526-8349(直通) E-mailoch1020@och.or.jp

 

添付ファイル 

 実施要領(PDF:325KB)

 作成要項(PDF:154KB)

 仕様書 (PDF:215KB)

(別紙1)研修計画(PDF:109KB)

(別紙2-1)研修企画書(PDF:113KB)

(別紙2-2)研修企画書(PDF:108KB)

(別紙2-3)研修計画(PDF:112KB)

(別紙3)研修日程表(PDF:331KB)

(様式1)参加申込書(PDF:90KB)

(様式2)誓約書(PDF:91KB)

(様式3)会社概要(PDF:60KB)

(様式4)研修受託実績調書(PDF:76KB)

(様式5)委任状(PDF:70KB)

(様式6)質問票(PDF:69KB)

(様式7)辞退届(PDF:68KB)