看護局

ERおおつ

当院の救急に対する不安を与えるような、事実に反する報道が一部ありましたが、市立大津市民病院は今後もこれまでと変わらず24時間365日、救急患者の受け入れ・治療を行ってまいります。
緊急を要する患者さんは、安心して当院救急外来「ERおおつ」を受診してください。

救急体制について

ERおおつ、とは24時間体制で救急患者さんを受け入れて治療する救急治療室のことです。

循環器疾患や脳外科疾患、重症外傷や心肺停止などの重症患者さんから軽症患者さんまで幅広く受け入れています。救急治療部の医師を中心に診療が行われ、必要に応じて各科専門医師と連携し治療を行っております。

看護師も救急看護認定看護師や特定看護師を中心に救急医療に精通した約20名の看護師が交替で勤務しています。看護師はICLS(心肺蘇生講習)やJPTEC(外傷病院前救護)などのインストラクターも多数おり、積極的に救急医療に取り組んでいる熱心なスタッフばかりで頑張っています。

また救急外来に来られる患者さんは、痛みや苦しさで不安がいっぱいです。そのため、少しでも患者さんに寄り添った声かけを心がけています。

日中は心臓カテーテル検査などの血管撮影(IVR)や内視鏡検査も担当しています。日々忙しいながらも迅速且つ安全な医療・看護の提供を目指しています。

ERおおつ

ERおおつ

ERおおつ

救急外来はこちら