受診の案内

感染症救急外来「感染症ER」

概要・特徴

概要

 当院は、県内唯一の第一種感染症指定医療機関として、新型コロナウイルス感染症患者を受け入れてきましたが、県内の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、診療体制の制限や救急外来の受け入れを制限せざるを得ない状況になりました。そのため、院内にプロジェクト会議を立ち上げ、感染症専用救急外来設置の検討を重ねてまいりました。9月下旬には工事に着手し、このたび感染症救急外来「感染症ER」を開設いたしました。

感染症ER外観

特徴

    • 患者と医療従事者の動線を完全に分離するため、外部廊下を設置
    • レッドゾーンは、病原体が室内に滞留しないように陰圧を確保
    • 床面を全て拭けるように壁掛け式のトイレを採用
    • 汚染された水が壁や床に飛散しないように、手洗い台は水撥ね防止タイプを採用
    • 部屋の隅まで拭けるように、床材を壁まで巻上げて施工
    • コード類が床面に垂れ下がらないように、コンセント位置を通常より高い位置に設置
    • 感染エリアと非感染エリアの区別を床面の色で明確化
    • 既存X線CT装置を使用せずに、撮影出来る感染症ER専用のX線CT撮影装置を設置
    • 感染症ER専用の処方箋窓口を設置
外部廊下

外部廊下(患者と医療従事者の動線を完全に分離)

陰圧

陰圧(病原体が室内に滞留しないようにベッド頭部分に排気口を設置)

壁掛け式トイレ

壁掛け式トイレ(床面を全て拭けるように壁掛け式の便座を採用した患者用トイレ)

手洗い台

手洗い台(シンクを深くし、汚染された水の飛散を防止)

コンセント位置

コンセント位置(コード類が床面に垂れ下がらないように通常より上部に設置)

床面の色分け

床面の色分け(床面の色でゾーニング)

CT室

CT室(感染症ER専用のX線CT撮影装置)

フロアマップ

マップをクリックすると拡大します。

 

各部屋

外観

外観

救急出入口

救急出入口

救急処置室

救急処置室

CT操作室

CT操作室

診察室

診察室

外部廊下

外部廊下

パンフレット

詳細は、下のパンフレットをご覧ください。
感染症ERのご案内(pdfファイル:383KB)