診療科・部門一覧

募集

救急診療科の紹介

  当院のER型救急は、年間救急搬送約4000例、救急外来受診患者数約12000 例あり、内科系外科系疾患を問わず、救急初療を一手に引き受けています。
疾患は、成人患者が中心で、呼吸不全、心筋梗塞、心不全、急性腹症、意識障害、外傷など多岐にわたります。近隣に高度救命救急センターがあるため、当院には全身熱傷や重症多発外傷は搬送されませんが、内科重症例の搬送は多く、2.5次救急と言えるかと思います。
当院の救急科専門医プログラムは、滋賀県済生会病院を基幹病院として、近江八幡総合医療センターと当院で組んでいます。基幹病院の滋賀県済生会病院は京滋ドクターヘリを有し、
ドクターヘリ研修やドクターカー研修が可能です。各病院での研修期間は柔軟に対応できますし、希望があれば大学病院での研修も可能です。
  当院の特徴として、ER診療において放射線検査は欠かせませんが、非常に的確な放射線科医のリアルタイムな読影に支えられ、迅速なER診断を心掛けています。
  また、大津エリアでは3つの病院で大津市消防局と連携し、救急車にドクター・ナースが同乗してワークステーション方式で病院前救護にも携わっています。
  ER業務としては、救急科常勤医の人数の関係で平日日中のみとなり、17:15以降は当直医に引き継ぐスタイルであり、家族と過ごす時間、自分の時間の確保など仕事と私生活を両立することが可能です。
ERICUの拡充、活性化を目指して、一緒に働いて頂ける仲間を募集しています!
救急科専門医の有無は問いませんし、救急科専門医を取得済みの方、これから取得を目指される方など、少しでもご興味あれば、ご連絡頂ければ幸いです!

救急診療科・集中治療部 藤野 光洋

 

 

集中治療部の紹介

 ICU入室となった全症例を当科医師が管理し、ベッドコントロールを行っています。常勤医師4人全員が医師1015年目前後の世代であり、呼吸器専門医1人、救急科専門医3人、集中治療専門医が3人となっています。
 入室患者の内訳としては、救急外来からの心肺停止蘇生後、心筋梗塞、くも膜下出血、多発外傷、電解質異常、痙攣重積などが5割程度、心臓血管外科、脳外科、呼吸器外科などの高リスク患者の術後症例が4割、一般病棟からの入室が1割程度となっています。
また、当院は滋賀県で唯一の第一種感染症指定医療機関となっており、感染症全般、特に呼吸不全の症例が豊富であるのが最大の特徴です。2020年度の1年間で14例にECMOを施行しており、導入から管理、離脱まで、すべて当科医師で行っています。
基本的に全症例ICU医が全身管理を行うClosed-ICUの形をとってはいますが、原疾患の治療に関しては各主科の専門医と相談して、閉鎖的になったり排他的になったりしないようにし、医療の質を高い位置に保てるようにしています。
 毎日の業務の流れとしては朝8時からの医師カンファレンスを施行した後、ベッドサイドで多職種カンファレンスを行い、ICU入室全患者においてABCDEFバンドルを毎日必ず確認しています。人工呼吸器装着中の患者に対しては別途人工呼吸器カンファレンスも行っており、各職種の視点から問題点を共有しています。1715分に当直医への申し送りをした後は特にルーチンワークはなく、会議などもほとんどありません。また、お互いにフォローしあいながら可能な限り有給休暇を所得するようにもしていて、土日祝日とは別に平均月2回程度の休日を取ることができます。少人数でやっているため、たとえばECMO導入の日など、たしかに大変な時はありますが、なんとか乗り切っています。
 最大の特徴はチームワークです。医師同士の仲の良さもありますが、多職種も含めて一つのチームが出来上がっており、日々の診療で人間関係のストレスを感じることがほとんどありません。ICUは緊張感が高く人間関係で軋轢が発生することが多い部署だと思いますが、当院にはそれがありません。一度見学に来ていただければ、すぐに感じ取っていただけると思います。
 2021年度より集中治療専門医研修施設に認定されており、集中治療専門医を目指すことも可能です。麻酔科、救急科だけでなく、循環器内科、呼吸器内科、外科など、専門領域は問わず、互いの長所を活かして全体のパフォーマンスを上げていくことを目指す仲間を募集しています。学年も問いませんので、集中治療に興味のある方はご連絡ください。

救急診療科・集中治療部 千葉 玲哉

 

連絡先:千葉 玲哉 / 藤野 光洋   otsuericu@gmail.com

 

 

ECMO患者の立位リハビリテーション

ECMO患者の立位リハビリテーション

ICU内での気管切開

ICU内での気管切開